★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件13 > 421.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
怜美さんの手握り止血=児童には「来るな!」:ズボンすそに大量の血、担任が凶器取る
http://www.asyura2.com/0403/nihon13/msg/421.html
投稿者 エンセン 日時 2004 年 6 月 08 日 23:35:23:ieVyGVASbNhvI
 

 
怜美さんの手握り止血=児童には「来るな!」−長崎女児殺害で担任教諭

 長崎県佐世保市立大久保小6年の御手洗怜美(12)さんが同級生の女児(11)にカッターナイフで切られ死亡した事件で、クラス担任の男性教師(35)が救急隊の到着する十数分間、血まみれで倒れている怜美さんの手を握り、持ち上げて止血を試みていたことが8日、市教育委員会の調べで分かった。
 記者会見した鶴崎耕一教育長らによると、1日午後0時35分ごろ、加害女児が3階教室の外の廊下にいるのを担任教諭が発見。ナイフを取り上げ、返り血を浴びていたこの女児にけがのないことを確認した後、姿を消していた怜美さんの行方を尋ねると、女児は「学習ルームにいる」と返答した。
 担任教諭は異変を察知。動揺した6年の児童数人が廊下に出ようとしたため「来るな!」と制止し、女児と同じ階の学習ルームに向かったところ、血まみれで倒れている怜美さんを発見した。「救急車を呼んでくれ」と大声で叫び、出血している怜美さんの左手の甲を握り、止血しようと十数分間持ち上げていたという。 (時事通信)
[6月8日22時1分更新]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040608-00000800-jij-soci


<小6同級生殺害>ズボンすそに大量の血、担任が凶器取る

 佐世保市教委は8日、事件の調査に訪れた文部科学省職員への説明の中で、家裁送致された女児(11)が、ズボンのすそに大量の血液を付着させて教室に戻っていたことや、担任教師が他の児童に現場へ来ないよう制止したことなどを明らかにした。また、担任の教師は凶器のカッターナイフを女児の手から取り上げていた。(毎日新聞)
[6月8日21時41分更新]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040609-00002096-mai-soci

 次へ  前へ

日本の事件13掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。