★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争51 > 436.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
奇妙な点と確実だと思う点――反戦思想パージがこれから始まる
http://www.asyura2.com/0403/war51/msg/436.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2004 年 4 月 11 日 11:34:08:SO0fHq1bYvRzo
 

奇妙な点と確実だと思う点――反戦思想パージがこれから始まる


まだ本人たちが無事である姿を確認できませんので、安心はできませんが、3名の志ある青年たちの生命が救われる可能性が出てきました。ただその一方で無垢な子供たちまで含む大勢のイラク人たちが日に日に死んでいきます。実に複雑な気持ちです。

奇妙な点は、もちろん最初の脅迫状と人質解放を示唆する文章の日付の書き方の違いや、「生きながら焼き殺す」とまで言った誘拐者が実にあっさりと宗教指導者の呼びかけに従った、などのこともありますが、川口の「自衛隊もこのために・・・」うんぬんの言葉も、また小泉のついに家族に会わなかったという態度も、どうも腑に落ちません。単に無神経とか「見殺し」という以外のことまで感じてしまいます。

もしも彼らが本当にイラクの「過激派」であるとしたら、日本の外務大臣が「自衛隊もこのために・・・」などといった言葉を聞いたら「じゃあ、こいつらは日本軍の協力者か」と思うのが自然で、「米国に協力する者」と考え、処刑にするのではないか、という予想がたつと思うのですが。宗教指導者たちも「米軍に協力しない人は解放せよ」と言っているそうですから。川口(もちろんその原稿を書いたのは外務省の官僚でしょうが)がもしも本当に「彼らはイラクの過激派だ」と思っているのなら、よっぽどの馬鹿か本物の無神経でもない限り「自衛隊もこのために・・・」などとは言わないでしょう。ということは、川口(外務省の官僚)も彼らが「イラクの過激派」ではないことを始めから知っていた、ということではないでしょうか。

また小泉の鉄面皮も気になります。これは単なる想像に過ぎませんが、家族と会う必要すらない事を始めから知っていたのではないでしょうか。つまりアメリカとの間で何らかの合意、例えば自衛隊の増派や戦闘への積極的な参加などの約束を突きつけられていて、チェイニーが来日した直後にOKサインを示し、即座に「解放」が決定された、とか・・・。

妄想かもしれませんが、そこまで考えてしまうほど、奇妙なことが重なります。

ただ、いくつかの確実だと思えることがあります。

まず、日本人の間に「テロの恐怖」が十分に定着しただろう、ということです。もちろん喉元にナイフを突きつけられているシーンなどはテレビ放映されなかったでしょうが、日本人を脅かすにはこの程度で十分、ということかもしれません。ヨーロッパ人はこれくらいしないと驚かないでしょうが。思うように人心をコントロールできる基盤が整えられてきたのではないでしょうか。

次に、今から反戦思想の持ち主に対するパージが、マスコミ、誤用評論家、親米クソバカ右翼どもによって繰り広げられるだろう、ということです。すでにその動きは開始している様子です。「魔女狩り」の季節がやって来た、と思います。

(可能性としての小泉の裏約束も含めて)今回の「誘拐」劇の目的は達せられたのかもしれません。

恐らくこれから、「反米」「反イスラエル」「反戦」などの、本物と偽物の差がはっきりしてくるでしょう。口先だけなのか、本気なのか、木村さんの言う「偽の友」と「本当の友」が、はっきりとしてくる時期を迎えているのではないでしょうか。

もしも3人が生きて日本に戻ってくるとして、彼らは今からが本当の「受難の時」を迎える可能性が高いと思います。日本にいる皆さん。どうか彼らを最大限に応援してください。ありとあらゆる誹謗中傷が彼らを包む可能性が高いと思います。そして反戦・反米・反イスラエルの炎を日本から消そうとする大きな動きが登場する可能性が高いと思います。今からが正念場でしょう。本物の友たち、がんばりましょう。

 次へ  前へ

戦争51掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。