★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争54 > 374.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
アブグレイブで米軍に殺害されたパレスチナ人カメラマン 刑務所襲撃事件の闇
http://www.asyura2.com/0403/war54/msg/374.html
投稿者 FakeTerrorWatcher 日時 2004 年 5 月 01 日 19:32:25:ctKRGOvG/DIEQ
 

関連
米軍によるイラク人被拘束者虐待写真の現場・アブグレイブ収容施設の怪事件群
http://www.asyura2.com/0403/war54/msg/366.html

 昨年8月パレスチナ人ロイター・カメラマンが殺害された。殺害された場所はアブグレイブ、不可解な襲撃事件を追っていたのだ。誤射の説明は彼がミサイルを構えているように見えたとのことだった。

 ジャーナリストとしての彼に尊敬と追悼の意味も込めて次のメモを転載しておく。

US Army's Report on Killing of Reuters Journalist in Iraq
http://www.thememoryhole.org/mil/dana_report.htm

 次もご覧頂きたい。彼が暗殺されるに十分なジャーナリストであることがわかるだろう。資格十分な男が、まずい映像を撮影している。となると、本当にこれは誤射だったのだろうか。

■【ペンタゴンはジャーナリストの暗殺を命じているのか】ロイター・カメラマン殺害は正当だった アメリカ
http://counternews.blogtribe.org/entry-4b8cb55f848d37d14f386f3d59777f11.html
 昨年8月パレスチナ問題を追及するロイター・カメラマン、イラクでバクダッドの刑
務所を撮影中アメリカ軍の「凶弾」に倒れる。

 ロイターは本件を重視し非難を行っていたのだが、アメリカはそれは正当だったとする
レポートを月曜日に発表した。・・・

 また、アブグレイブは、渡辺氏、安田氏の拘束も思い出されるわけだが、ここはMEKの基地もあるところである。

 MEKはネオコン、パール支援のテロ集団で、ディーン追い落としキャンペーンを行った議員にもリンクする。

 MEKは果たしてイラク同時多発テロに関与していないのだろうか。
(中略)
 もし通訳が正直に事実を語ったものだとしても、アブグレイブというのはサダム・フセインの悪名高い刑務所があるばかりではなく、はからずも、MEKの基地があるところである。

The Iranian dissident group Mujahedeen Khalq was based at Abu Ghraib, west of Baghdad.
http://www.globalsecurity.org/intell/world/iraq/abu-ghurayb-prison.htm

MEKとアメリカの関係は例えば次など具体的にわかる。・・・
http://counternews.blogtribe.org/entry-56247dace6723dbc2a308816f7e29413.html

 また刑務所襲撃事件に関しては、ナジャフで逮捕された、元ムカバラトの男についても思い出される。

 3月7日、テレグラフ紙は実に面白い記事を載せた。つまりテレグラフ紙によれば、テロ容疑で逮捕された容疑者の尋問に当ったナジャフ警察が、容疑者は元イラク秘密警察官で、彼はアルカイダから金を受け取っていたことを明らかにしたのである。

イラク同時テロ容疑者は元ムカバラト、そして「アルカイダ」から金を受け取っていたことを告白【フラッシュバック:米占領軍元イラク秘密警察リクルート、CIA秘密警察設立予算取り】
http://counternews.blogtribe.org/entry-0e3573f33425f7d5328c415273c74a67.html

 その元イラク秘密警察官はミッションを成功するたびに金を受け取っていた。金を支払っていたとされるパトロンの名前はザルカウィの副官と名乗るアブ・ウタマン(Abu Utthman)という男でボーナスの金額は2万ドルから3万ドルだった。金が欲しかった彼はそのオファーに乗った。

 ここで興味深い点は、彼は半年前の刑務所襲撃、脱獄幇助の関与も告白していることである。

 2月には、ファルージャで、不可解な刑務所襲撃事件が発生した。この襲撃はアメリカ人の仕業と言う警官もいた解放された囚人の中には反米暴動への関与を疑われた者は一人もいなかった

 この元ムカバラトが逮捕されたナジャフで起きたスペイン軍基地付近の戦闘には、ブラックウォーターがいた
http://counternews.blogtribe.org/entry-a42408c2e7e1e1a840f6d3c3fc830dfa.html

 こうした一連の刑務所襲撃で、誰が殺され、誰が何のため解放されたのだろう。殺された人間は果たして、アブグレイブで殺害されたロイター・カメラマン同様、単なる事故で済む話なのだろうか。

 そして誰が刑務所襲撃を行ったのだろう。

******
Counter News
by Fake Terror Watcher
http://counternews.blogtribe.org/

 次へ  前へ

戦争54掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。