★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > Ψ空耳の丘Ψ36 > 622.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
「はだしのゲン」市民グループが全10巻の英訳完成
http://www.asyura2.com/0406/bd36/msg/622.html
投稿者 kakiko 日時 2004 年 8 月 05 日 17:02:20:MUtbcPdW7O0JI
 

■「はだしのゲン」市民グループが全10巻の英訳完成

広島で被爆した少年がたくましく生き抜く姿を通して、戦争の悲惨さや命の尊厳を
描いた漫画「はだしのゲン」(全10巻)の英訳版「BAREFOOT GEN」が、
8月から日米で出版される。

翻訳したのは、金沢市の市民グループ「プロジェクト・ゲン」
(浅妻南海江(なみえ)代表)。「被爆者の痛みが素直に伝わる作品。
投下したアメリカの人々に読んでほしい」と、4年がかりで出版にこぎ着けた。

「はだしのゲン」は、6歳の時に広島で被爆した漫画家・中沢啓治さん(65)の自伝的作品。

代表の浅妻さん(61)は、1986年のソ連(当時)・チェルノブイリ原発事故を
きっかけに、ゲンのロシア語訳を自費出版。その際に、中沢さんから、東京のボラン
ティア団体が76年に英訳し、1度アメリカで出版されたことがあるが、第4巻で
途絶えていることを聞いた。

浅妻さんは「主人公ゲンが生きる希望を見いだす10巻まで読まないと、
原爆の悲惨さだけで物語が終わってしまう」と英訳を決意。共感して集まった主婦や
会社員ら十数人のメンバーとともに英訳作業に取り組んだ。

左側から読み進む英訳版に合わせて、パソコンのスキャナーで1ページずつ読み込み、
コマのレイアウトを替える地道な作業も。

浅妻さんは「海外でゲンを自国語に翻訳しようと活動している人がいる。
翻訳料が入ったら、そうした人たちを支援したい」と話している。

中沢さんは「最大の核保有国アメリカだからこそ、ゲンを読んで核兵器の恐ろしさ、
悲惨さを知ってほしかった。英訳版の完成で、ようやくその機会が訪れる」と喜んでいる。

価格は、10巻1セットで1万4000円。初版はアメリカ2000セット、
日本1000セット。8月に1、2巻を出し、順次10巻まで配本する。
問い合わせは浅妻代表(076・242・6559)へ。

◆はだしのゲン=1973年から87年まで少年漫画雑誌などで連載。
広島の原爆で肉親を失ったゲンが、貧困や差別を乗り越え、成長する姿を描く。
戦争の悲惨さだけでなく、主人公らの純粋さやたくましさが共感を呼び、
「汐文社」「中央公論新社」で単行本化され、600万部を超すロングセラーとなっている。

2004/7/29/15:30 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/culture/news/20040729i307.htm

 次へ  前へ

Ψ空耳の丘Ψ36掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。