★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件14 > 404.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
相談所、虐待の診断書未提出を放置…小山の兄弟殺害 [読売新聞]【相談所は父親に会っていない?】
http://www.asyura2.com/0406/nihon14/msg/404.html
投稿者 あっしら 日時 2004 年 9 月 15 日 03:24:06:Mo7ApAlflbQ6s
 

(回答先: 愚痴るだけで親に面と向かって同居費用の請求もできなかった容疑者がその子どもたちを虐待していたのかという疑念 投稿者 あっしら 日時 2004 年 9 月 15 日 03:08:28)


★ 「同相談所は「受診させない状況を機に父親に直接会うなどの対応を取ることも出来た」って言い方は、「小林さんは翌日、二人を引き取り、虐待について相談所に「(下山容疑者が)やったかもしれない」という報道と食い違うように思える。
 そのとき父親と会って話していれば、「受診させない状況を機に父親に直接会う」という表現はしないだろう。

=====================================================================================
 栃木県県南児童相談所(栃木市)が今年7月、栃木県小山市の塗装工小林保徳さん(40)の二男一斗ちゃん(4)と三男隼人ちゃん(3)が下山明宏容疑者(39)から虐待を受けた疑いがあるとして一時保護した際、虐待の証拠として必要な診断書の提出を父親の小林さんに求めながら、未提出のまま放置していたことが14日、分かった。

 同相談所は「甘い対応だったと言われても仕方がない」と不手際を認めている。

 同相談所によると、児童虐待が疑われる場合、原則として、虐待によるけがの様子を把握・記録するため、医療機関による診断書の提出を受けて保存することになっているという。

 同相談所は7月8日、小山署からの要請で体中にあざのあった兄弟を一時保護し、祖母宅に同居させることを条件に翌日、2人を父親のもとに帰した。その後、同相談所は同13日、病院に予約を入れたうえで、祖母を通じて父親に2人を受診させるよう連絡した。しかし、2人は受診せず、その後も診断書は提出されないままだったが、同相談所は父親に直接、受診を求めることもなく、放置していた。

 同相談所は「受診させない状況を機に父親に直接会うなどの対応を取ることも出来た。認識不足で甘い対応だったと言われても仕方がない」としている。

(2004/9/15/03:00 読売新聞 無断転載禁止)

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20040915it01.htm

 次へ  前へ

日本の事件14掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。