★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争56 > 487.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
モラティノス、スペインのイラク撤兵は占領状態終了の起爆剤、と言う
http://www.asyura2.com/0406/war56/msg/487.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2004 年 6 月 09 日 07:57:09:SO0fHq1bYvRzo
 

(回答先: サパテロ、「理想的ではないが」国連のイラク解決案を認める(エル・ムンド) 投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2004 年 6 月 09 日 07:55:06)

モラティノス、スペインのイラク撤兵は占領状態終了の起爆剤、と言う

6月7日付エル・ムンド紙(電子版)から、抄訳です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『モラティノス、スペインのイラク撤兵は占領状態終了の起爆剤、と言う』
(マドリッド)
 外相ミゲル・アンヘル・モラティノスは、イラクからの軍の撤退は「性急なものだったのではなく占領状態の終了と出会うための起爆剤の役を果たした」と明言した。これは、イラク問題解決のために国連安保理の採決が為された場合にスペインの撤兵は性急過ぎたのではないか、という記者の質問に答えたものである。
 外相は、スペインの立場は「多極主義」に戻るための役を果たすことであり、未来のイラクや中東、西側世界での利益と共に安定と安全を計る義務があると述べた。
 そして、不幸にも国民党によって種が蒔かれた事柄の中でよりましな結果を出すだろう、と語った。さらに、マドリッドで開かれた「貢献国会議」で3億2千万ユーロ(約4百3十億円)を負担したが、そのうち実際に役に立っているのはわずかに3百50万ユーロ(約4億7千万円)に過ぎないこ、と断言した。「その金がどこに消えたのかも、何の役に立っているのかも分からない」、さらにこれは国民党政府が貢献国会議の前に語った「偉大な知らせ」「偉大な約束」とは一致せず、「国民党政権は議会での議論も国民の同意も無しに派兵した」と外相は明言した。
 
http://www.elmundo.es/elmundo/2004/06/08/internacional/1086698311.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 撤兵の自画自賛よりも、スペイン外相の話の後半にあった「マドリッドで開かれた貢献国会議で3億2千万ユーロを負担したが、そのうち実際に役に立っているのはわずかに3百50万ユーロに過ぎない」という部分のほうが大切なのですが、具体的なデータは挙げられていません。今後いずれかの新聞や、あるいは国会の中でどこかの党が調べて問題にするかもしれませんので、気をつけて探してみるつもりです。軍の撤退に関して何の反対も無かったところを見ると、スペインの財界にしてもあまりの「うまみ」の無さに嫌気がさしていたのかもしれません。

 次へ  前へ

戦争56掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。