★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 国家破産37 > 293.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
郵貯・保険に数千人、窓口・配達は26万人…政府原案 [読売新聞]
http://www.asyura2.com/0411/hasan37/msg/293.html
投稿者 あっしら 日時 2004 年 10 月 17 日 17:35:06:Mo7ApAlflbQ6s
 

(回答先: 郵貯・簡保は“一般株式会社”に、民営化で政府方針 [読売新聞] 投稿者 あっしら 日時 2004 年 10 月 17 日 00:28:15)


 2007年4月の郵政民営化で発足する新会社の組織形態に関する政府の原案が16日、明らかになった。

 郵便事業、郵便貯金、郵便保険(簡易保険)、窓口ネットワークの4社のうち、郵貯、郵便保険会社の業務は資金運用、企画立案、システム管理に絞り、郵貯は3、4000人、郵便保険は2、3000人規模とする。郵便局で働く郵貯、簡保の営業マンらは原則、窓口ネットワーク会社の社員とし、郵貯、郵便保険会社から業務委託する仕組みとする方針だ。政府は、各会社の事業内容などを盛りこんだ郵政民営化関連法案を来年の通常国会に提出する予定だ。

 郵貯、郵便保険会社の業務を切り離すのは、国民から幅広く資金を集める両社に、郵便、窓口会社の赤字や倒産の危険性が及ばないようにする「リスク遮断」が主な目的だ。

 小泉首相は民営化の意義として「官製金融」を排することを挙げており、民営化が最終段階を迎える2017年までに、郵貯、郵便保険会社を完全に切り離すことを目指している。原案には、こうした意向を反映し、1つの郵便局内で郵便、窓口会社と郵貯、郵便保険会社の社員が混在するのを避ける狙いもある。

 原案では、日本郵政公社の約27万人(現在)の職員について、郵貯、郵便保険の両社のほかは、窓口会社が16万人、配達を担当する郵便会社が10万人、4社を傘下に収める持ち株会社が数百人の規模となることを想定している。公社の非常勤職員(2003年度、10万3000人程度)は、郵便配達の関連業務に従事している職員が多いため、大半は郵便、窓口会社による雇用の継続を見込んでいる。

 また、関連施設の扱いについては、〈1〉「かんぽの宿」に代表される簡保加入者の福祉施設は郵便保険会社に含める〈2〉郵貯関連の宿泊施設「メルパルク」や逓信病院は持ち株会社に帰属させる――方向となっている。

 竹中郵政民営化相の助言機関である「郵政民営化に関する有識者会議」は18日から、組織形態の本格的な検討に入る。年内に最終的な人員配置を決定する方針だ。

(2004/10/17/03:04 読売新聞 無断転載禁止)


http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20041017i101.htm


 次へ  前へ

国家破産37掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。