★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 国家破産37 > 474.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
消費税率引き上げの実施時期、経済情勢など踏まえること必要=財務相 [ロイター]
http://www.asyura2.com/0411/hasan37/msg/474.html
投稿者 あっしら 日時 2004 年 10 月 29 日 01:59:20:Mo7ApAlflbQ6s
 

(回答先: 財務相「消費税、2007年度引き上げを検討へ」 [日本経済新聞]【日本経済の破壊を進める暴挙】 投稿者 あっしら 日時 2004 年 10 月 28 日 17:02:56)


2004年 10月 28日 木曜日 17:55 JST



 [東京 28日 ロイター] 谷垣財務相は、参院財政金融委員会で、消費税率引き上げの実施時期は、経済情勢などを踏まえることが必要だと述べた。大門実紀史委員(共産)の質問に答えた。

 午前の質疑の中で、谷垣財務相は、「2007年度からは、やはり消費税をお願いするような形で議論を整理していかなければならないのではないか」と述べていた。

 この答弁を受けて、消費税率引き上げの具体的な時期に踏み込んだとの報道があったが、谷垣財務相は、「こういう主旨で言ったわけでは、必ずしもない。ややミスリーディングな言い方だった」と述べた。

 そのうえで、「昨年の与党税調の議論にあったが、2005年度、2006年度は所得税体系を見直す。それまでに、社会保障など、どのような負担をしたら良いか議論し、2007年度メドに消費税を含んだ租税改革をやっていくと申し上げた」と説明。さらには、「税制改革をやる中で、時期をどうするかはこれからの議論だ」と述べた。

 2007年度をメドにというのは、言い間違いかとの質問に対しては、「いつから導入するかは別にして、その時までに消費税を含む税制改革をまとめ、動き出す形にしたい。これは、私の意欲を含んだ表現だ」と述べた。そのうえで、「法律を提出しても、実施時期がいつになるかは、全体の経済情勢等いろいろな議論を踏まえていかなければならない」とした。

 大門委員は、現在の景気は、家計が足踏み状態にあるとし、所得税の定率減税の縮減・廃止、その後の消費税率引き上げと、負担を増していくことに懸念を示した。

 谷垣財務相は、「景気の状況を良く見極めることが一番大事だ」としながらも、所得税の定率減税の縮減・廃止については、「導入した1999年の経済状況と比べ、(現在は)相当変わってきている。これから景気回復の状況を良く議論しながら話を進めていくことだろうと思っている」と述べ、積極的な姿勢を示した。

 景気については、「企業部門の改善が徐々に家計に及びつつある」との認識を示した。

c ロイター 2004 All Rights Reserved

http://www.reuters.co.jp/newsArticle.jhtml;jsessionid=FQGQNNIQ3SEV4CRBAEOCFFA?type=businessNews&storyID=6641497

 次へ  前へ

国家破産37掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。