★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 国家破産37 > 587.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
財政審、増税色鮮明に 来年度予算編成の意見書素案 [朝日新聞]【財政問題を“算数”で解こうとする愚者集団】
http://www.asyura2.com/0411/hasan37/msg/587.html
投稿者 あっしら 日時 2004 年 11 月 07 日 03:58:30:Mo7ApAlflbQ6s
 


 05年度予算の基本方針を提言する財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の意見書の素案が6日、明らかになった。歳出の半分近くを借金に頼る財政難を解消するには「歳出削減だけでは不可能で、歳出・歳入両面からの改革が必要」と明記。歳出削減策中心だった従来の内容から、歳入面にも言及し、増税などの改革が不可欠だとの認識を盛り込んだ。財政審は19日にも意見書を正式決定し、谷垣財務相に提出する。

 素案では、04年度当初予算のプライマリーバランス(基礎的財政収支)の赤字19兆円を解消するには、国債の元利払い費を除く歳出の約3割を削減するか、歳出削減しない場合は約4割の増収が必要だ、と指摘。「大幅な赤字を歳出か歳入のいずれか一方で埋めることは到底不可能だ」とした。個人所得税の定率減税の縮減・廃止や、その後の消費税率引き上げを検討する政府税制調査会の認識と歩調を合わせた。

 歳出でも「聖域なく削減を進める」とし、谷垣財務相が示した「05年度の新規国債発行額を前年度より減額する」との方針を支持した。

 とくに高齢化で増加する社会保障関係費について「放置すれば、将来世代が制度を支えられない」と指摘。年金・医療・介護などを総合的にとらえて社会保障給付費の中期的な目標を定め、給付費の伸びを経済成長に見合う程度に抑えることを求めた。

 国と地方の税財政の「三位一体改革」では、所管省庁と地方で意見対立が続く義務教育や生活保護に関する補助金について、廃止や縮減、一般財源化などの改革を提言した。 (11/06 17:43)

http://www.asahi.com/business/update/1106/018.html


 次へ  前へ

国家破産37掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。