★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 国家破産37 > 635.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
堤西武激震、主力行みずほ直撃…融資残高3千億円 不良債権問題再燃も…  ZAKZAK
http://www.asyura2.com/0411/hasan37/msg/635.html
投稿者 TORA 日時 2004 年 11 月 11 日 20:58:33:CP1Vgnax47n1s
 

(回答先: 解体危機に追い込まれた堤王国は北朝鮮にそっくり 堤氏の指示による組織的な関与で刑事事件に発展か 投稿者 TORA 日時 2004 年 11 月 11 日 15:39:43)

混迷が続くコクド・西武鉄道グループに絡み、主力取引銀行のみずほフィナンシャルグループへの悪影響が懸念され始めた。株価下落による損失発生に加え、債務者区分引き下げや借金棒引きといった負担増も指摘される。終わったはずの不良債権問題が再燃する可能性もあり、堤義明前会長(70)が君臨した西武王国の激震が、“巨艦”みずほグループの経営をも直撃しそうだ。

  【緊密な関係】

 「西武は昔からDKB(旧第一勧業銀行=現みずほ)案件で、アンタッチャブルといわれていた。実態を把握しているのは、みずほだけではないか」。大手銀行関係者がこう打ち明ける。

 西武グループの有利子負債は約1兆2000億円とされる。このうち、みずほコーポレート銀行、みずほ信託銀行、みずほ銀行のグループは計約3000億円を融資しているとみられ、三菱東京フィナンシャル・グループ約1900億円、日本政策投資銀行約1300億円、中央三井信託銀行約1000億円、UFJグループ約700億円を大きく上回る。

 西武鉄道株についても今年3月末時点でみずほコーポが711万株、みずほ信託が318万株(うち信託業務分は165万株)を保有する。

 一方、みずほが平成15年、1兆円増資を行った際は、コクドと西武鉄道がそれぞれ50億円の優先株を引き受けるなど緊密な関係を築いてきた。

  【株安】

 時価会計では、保有株の時価が取得価格より5割以上、下がった場合、損失を計上しなければならない。

 平成元年に8000円の高値を付けたこともある西武鉄道株は、その後は下落基調ではあったが、コクドが有価証券報告書の虚偽記載の事実を明かした10月13日までは、1000円を割ることはなかった。

 現在、半値以下の400円台を低迷している株価が回復しなければ、みずほは来年3月期に損失計上を余儀なくされる。

 今年3月末時点で西武鉄道の株価は1510円だったから、みずほコーポとみずほ信託合わせた持ち分の時価総額は130億円(みずほ信託の信託業務分を除く)。

 10日の終値が425円だから保有株式が変わらないと仮定すると、時価総額は約37億円まで減少している。

 監理ポスト入りしている同社株は上場廃止の可能性もあり、「投資家の不信感は根強く、よほどの材料がないと株価の回復は望めないだろう」(準大手証券)との声も聞かれる。

  【減損会計】

 さらに、西武グループに重くのしかかるのが、18年度から導入予定の減損会計だ。

 リゾートホテルやゴルフ、スキー場などグループ全体で保有する土地は4000万坪ともいわれる。バブル期には時価40兆円という推測もあり、グループ総帥の堤義明氏は一時、『世界一の富豪』と呼ばれた。

 膨大な土地の含み益を源泉として資金を借り、さらに資産をふくらませるという“堤商法”だったが、バブル崩壊で郊外リゾート地の地価は大幅に下落。「含み損に転じた土地も少なくないのではないか」(不動産アナリスト)。

 減損会計が導入されれば、土地や建物といった資産について、含み損計上を義務付けられる。

 「(産業再生機構に支援要請した)大京やダイエーも、これ(減損会計)で、グーの音も出なくなった。西武も同じ道をたどる可能性がある」(信用調査機関幹部)

  【格下げ】

 グループの中核企業、コクドは平成8年3月期から9期連続で営業赤字が続き、ゴルフ場などの土地も値下がりして担保価値が減少しているが、同社は取引先銀行からは『健全債権』とみなされ、約3500億円の融資を受けてきた。

 その背景にあったのが西武鉄道株の含み益だ。コクドが、有価証券報告書を虚偽記載してまで同社株を大量保有し、株価を高く維持する狙いもここにあったわけだ。

 もう一つ大きいのが堤氏の存在だった。「堤氏個人の信用力を担保に融資していた側面が強い」(大手銀幹部)

 しかし、堤氏はすでにグループから姿を消し、西武鉄道株も上場廃止なら、その価値は限りなくゼロに近くなる。西武鉄道株の買い戻しを迫っている企業への補償も必要となる。コクドの三上豊社長(68)は「信義を裏切ったので買い戻したい」と話しており、総額300億〜400億円の含み損を抱えてしまう。

 結果、「西武鉄道の債務者区分は『正常先』から『要注意先』以下、コクドは『要管理先』以下、つまり不良債権に転落してしまう恐れがあるのです」(同)というのだ。

 となると、みずほなど融資先は引当金を積み増す必要が出てくる。

  【情報開示】

 コクドは箱根仙石原プリンスホテルを日産自動車に売却することを決めたほか、プロ野球の西武ライオンズも約200億〜約250億円で売却する方向で動いた。球団売却は高額がネックとなり、一時的に断念に追い込まれたが、グループの大リストラを進めている。

 西武鉄道の本業である鉄道事業は、安定した収益で公共性も高い。「本来なら、産業再生機構に最もふさわしい案件」(金融コンサルタント)との声もあるが、再生機構は、ダイエー支援で打ち止めとみられる。有利子負債はダイエーを上回る規模だけに、金融機関の支援が不可欠だ。

 西武グループには、みずほのほか、大手各行も500億−1000億円規模で融資しているが、準メーン関係者は「ダイエーよりもディスクローズが進んでいないのがネック」と話す。

 一方、「ディスクローズをしたらしたで、何が出てくるか分からず、『支援はできない』となりかねない」(同)との声も漏れる。

 「準メーン以下が引当を積むだけ積んで逃げ出す、というのがみずほにとっては最悪のシナリオ」(前出の金融コンサルタント)

 来年3月末の不良債権処理目標の9月中間期での前倒し達成が確実となり、中間純利益の見通しも1400億円から2300億円に上方修正したばかりのみずほグループ。だが、“西武ショック”が思わぬ不安材料となりかねない。

ZAKZAK 2004/11/11
http://www.zakzak.co.jp/top/2004_11/t2004111127.html


 次へ  前へ

国家破産37掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。