★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > IT7 > 137.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
私はFirefoxをどう評価したか (ネットスケープユーザの場合)
http://www.asyura2.com/0411/it07/msg/137.html
投稿者 現在無色 日時 2004 年 12 月 13 日 18:59:38:adCEM5M2s20Yg
 

(回答先: Re: 【結果発表】IT Pro読者はFirefoxをどう評価したか[3] (重要なことは,公正な競争)【ITPro】 投稿者 バルタン星人 日時 2004 年 12 月 12 日 08:33:36)

Firefoxに関する評価は、上級ユーザの意見が過大に流れすぎていると思う。上級ユーザとは、LinuxなどWindows以外のOSに通じ、パッチやプラグインなど追加プログラムの使用をあたりまえとして行い、バージョン管理が習慣化しているようなユーザである。

UNIX系OS用があることと、ネットスケープがAOLワーナー系大資本に取られてしまった怨の2点だけでも、Firefoxの評価がゲタを履かされているように思う。

Firefoxを使って驚かされるのは、タブブラウザなのにタブ機能がおまけ程度な点だ。Tabbrowser Extensions(TbE)を導入すれば解消するが、まったくの外部プログラムであり「激しく非推奨」などと断られると、とまどってしまう。なぜ実用的なタブ機能を標準搭載しなかったのだう。そのへんの思想が「上級ユーザ」しているのだ。よって初期状態では基本的なブラウザだけの機能になっている。

Firefoxが軽量簡素な点は、高速ネット回線、高速CPU、メモリーの大容量化など環境が肥大化している現在、大きなアドバンテージには思えない。またネット参照がPCの主要な用途であれば、ブラウザがPCの資源使用を節約したところで、あまり意味は無いだろう。

安定度も?である。TbEを導入後の素の状態ではないが、リンクをタブで開くときに引っかかりを感じる時(動作が止まるような感覚)が幾度かあった。思想的に頻繁なバージョンアップが予想され、追加プログラムとの調整が必要になる時があるかもしれない。Firefoxは150種以上の追加プログラムをルンルン気分で選択管理出来るような人向きなのである。Firefox/MozillaとNetsacpの、指向性と対象ユーザの違いをもっと知らせるべきだと思う。

結果、ものぐさな自分は乗り換えなかった。もっともNetscapeとFirefoxは主要部分にほとんど違いがない親戚プログラムでもある。なのでFirefoxに興味のある「普通のユーザ」には、ネットスケープも使ってみる事をおすすめする。7.xシリーズは遅くない(最新は7.2、日本語は7.1)し、過剰な機能もあらかじめ搭載され完成度も高い。当然ネットスケープにはメーラーが付いてきてしまうが、これといってメーラーのご指定がなく、OutlookExpressを使い続けているようなユーザは、付属のメーラーに乗り換えた方がいいだろう。(自分はEdmaxフリー版)

Netscapeは、便利ソフトのたぐいがIE基本に作られていることが多く面倒な時もあるが、Firefoxもその点では同じだ。今回のFirefoxブームで各種ソフトが改善される可能性は高い。逆にシェア増加でウイルスターゲットになる可能性もあり、エンジンが同じで更新の遅いNetscapeは不利になる。

*タブブラウザ:エクセルのシートのような新ページ(タブ)を開いていけるブラウザ。背景に読み込ませると、現ページを読みながら邪魔されずにリンクを次々開いていける。それらをタブグループとして一括して登録したり開いたりも出来る。慣れると非常に便利。IEをタブブラウザ化する、自称タブブラウザも多数存在するが、IEの脆弱性を引き継ぐ。

 次へ  前へ

IT7掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。