★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > IT7 > 144.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
産業用ロボットがパフォーマーに変身【HotwiredJapan】
http://www.asyura2.com/0411/it07/msg/144.html
投稿者 バルタン星人 日時 2004 年 12 月 14 日 08:21:13:akCNZ5gcyRMTo
 

産業用ロボットがパフォーマーに変身
http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20041213201.html
David Cohn
i-modeMail to FriendPrint
 工場の組み立てラインのロボットに可能なのは、自動車の製造だけではない。絵も描けるし、ダンスもできるし、パーティーのDJにさえなれると、ヨーロッパの芸術集団『ロボットラボ』は主張する。

 ロボットラボは産業用ロボット――工場で溶接トーチなどの工具を操る金属アーム――を入手し、公共のスペースでパフォーマンスを行なえるようにプログラムを書き換える。ロボットたちは、レコードをスクラッチし、絵を描き、さらには音楽に合わせて複雑なダンスまで披露する。

 ドイツのカールスルーエを拠点とするロボットラボは、このプロジェクトを芸術的かつ教育的な活動の一環として位置づけ、同じような機械が日々の生活の一部となる時代に備えることを目的とする。

 「われわれのことを、芸術コミュニティーの人は非常に技術的だと見ているし、エンジニアは非常に芸術的だと思っている――本当は両方が混ざり合ったものなのだ」と語るのは、2000年に結成されたロボットラボの発起人の1人、ヤン・ザッペ氏(35歳)は語る。このグループには、化学と哲学を学んだザッペ氏のほかに、ロボットエンジニアやグラフィックデザイナーもいる。

 ロボットは重さ約370キログラムにも及び、乗用車からブルドーザーまで何でも作れるよう設計されているが、並外れて柔軟な動きができ、キャンバスに絵を描くことも余裕でこなすほど器用だ。
 ロボットラボはある展示で、『KR 125/2』というロボットを改造し、空気ハンマーの代わりにペンを持たせて、イーゼル(画架)の前に設置した。観覧者がモデルになりじっと座っていると、ロボットのアームに取り付けられたビデオカメラからデジタル画像がコンピューターに送信され、画像の分析結果がコンピューターから再びアームに送信され、アームが肖像画を描く<(写真)

 別の巡回プロジェクトでは、アームを調整して、レコード盤をスクラッチするDJの動きを真似させた(写真)。あるイベントでは、ロボットDJが選曲し、いつスクラッチするかを決めていた(写真)。ザッペ氏によると、ロボットの選曲やスクラッチのタイミングは「あまりしっくりこなかった」という。そこでロボットラボのメンバーは、機械のプログラムを書き換え、より適切なタイミングでスクラッチを行なえるようにした。

 ロボットはダンスさえできる(写真)。ロボットラボは、長さ約2メートルの産業用ロボットを使って、スイス在住のコレオグラファー、パブロ・ベントゥラ氏とダンスグループを結成した。メンバーのロボットは文字通り腕しかないので、ステージを移動できないが、人間のパフォーマーたちがショーを効果的に演出した。

 ロボットラボは来年中に、クラフトワークの元メンバーで電子音楽の先駆者、カール・バルトス氏とコラボレーションを行なうことを目指していると、ザッペ氏は抱負を語る。「人間と機械のコラボレーションのようなものになるだろうが、今はまだ準備中だ」

 「われわれのプロジェクトには、芸術やアイディアの側面と、技術的な側面の2つがある。どのプロジェクトも新たな発明なのだ」とザッペ氏は語った。

[日本語版:高橋達男/高森郁哉]

 次へ  前へ

IT7掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。