★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件15 > 803.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
女子高生殺害 友人らに悲しみ広がる。知事ら緊急会見 再発防止に全力〔読売新聞千葉支局〕
http://www.asyura2.com/0411/nihon15/msg/803.html
投稿者 傍らで観る者 日時 2004 年 12 月 26 日 01:28:44:ayjHlPlEsGXTU
 

(回答先: 茂原の女子高生殺害 無事祈る声届かず〔読売新聞千葉支局〕終業式当日 関係者 言葉失う 投稿者 傍らで観る者 日時 2004 年 12 月 26 日 01:24:46)


高中香織さんが連れ去られたJR茂原駅
近くの現場を訪れ、好物を供える同級生

茂原市新小轡、県立長生高校定時制二年の高中香織さん(17)殺害事件の発覚から一夜明けた二十四日、高中さんの友人らの間には、改めて悲しみが広がった。年の瀬を迎え、県や県警も、街頭犯罪や少年非行への警戒を強めていただけに、事件は教育関係者らにも大きなショックを与えており、堂本知事や山浦耕志県警本部長らは同日夕、異例の緊急会見を開き、「青少年の深夜徘徊(はいかい)などに県民全体で目を光らせてほしい」と呼びかけた。

 クリスマスイブの同日夜、高中さんが拉致されたJR茂原駅前の現場に、同級生の女子生徒(18)の姿があった。女子生徒は、高中さんが好きだったというレモン味のガムと、「寒かっただろうから」と温かい唐揚げを供えて手を合わせ、「つらかったね。ゆっくり眠って」と語りかけた。

 最後に会った時、高中さんは普段と違い、髪を上げてピンで止めていた。「なんか雰囲気違って、かわいい」。そうほめると、「ほんと?今度からこの髪形にしようかな」と、うれしそうに話していたという。

 女子生徒は「香織ちゃんがもういないということが、どうしても信じられない」と話していた。

【条例改正案提出へ】

 県庁で緊急会見した堂本知事は「(昨年十月に)千葉市若葉区で十六歳の少女の殺害事件が起きた時も命の大切さを訴えたが、再び起きてしまい残念」と述べ、再発防止に全力で取り組む考えを示した。

 今回は、未明の駅前を歩いていた女子高生が事件に巻き込まれた。少年少女の深夜徘徊を巡っては、県が来年二月定例県議会で、県青少年健全育成条例の改正案を提出する見通しだ。

 改正案では、カラオケボックスやマンガ喫茶などが、十八歳未満の青少年を午後十一時―翌午前四時に入店させることを禁止し、罰則も検討している。同様の改正条例は、すでに東京都と埼玉県が制定、神奈川県も検討中だ。

 県教委では若葉区の事件後、命の尊さや非行防止を語り合う「ロングホームルーム(LHR)」を全公立高校で開催していた。

 県教委の清水新次教育長は「LHRの成果が出てきたと考えていたが、またこのような事件が起きてしまった。さらにLHRを活用していきたい」と述べた。

【廃屋ホテル視察】

 また、東金市の志賀直温市長と東金署の唐鎌茂夫署長も同日、高中さんが殺害された同市油井の廃屋のホテル周辺を視察した。この廃屋ホテルは「幽霊屋敷」として若者の間でうわさになっており、以前から不審火などが起きていた。

 市は近く、敷地入り口をふさぐバリケードを強化、所有者に撤去を促す方針。同署も夜間パトロールを強化するという。

【斎藤容疑者ら送検】

 一方、茂原署特別捜査班は二十四日、殺人と死体遺棄の疑いで逮捕した茂原市下永吉、無職斎藤義仁容疑者(20)と少年三人(十六〜十八歳)を千葉地検に送検した。司法解剖の結果、高中さんの死因は首を絞められたことによる窒息と確認された。顔や腹部には打撲痕があり、斎藤容疑者らも「殴るけるの暴行を加えた」と認めているという。

2004年12月24日

女子高生殺害 友人らに悲しみ広がる

 次へ  前へ

日本の事件15掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。