★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 政治・選挙7 > 601.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
NHK「従軍慰安婦」番組への政治介入に対する抗議声明 (日本ジャーナリスト会議)
http://www.asyura2.com/0411/senkyo7/msg/601.html
投稿者 月読 日時 2005 年 1 月 17 日 08:03:47:ydTjEPNqYTX5.
 

NHK「従軍慰安婦」番組への政治介入に対する抗議声明

 2001年1月30日に放送されたNHK・ETV特集『戦争をどう裁くか』の第2回「問われる戦時性暴力」を巡って、自民党の中川昭一、安倍晋三の両氏が、放送日前の1月下旬にNHKの国会担当局長と放送総局長を呼びつけ、放送内容の変更や放送中止を求めるなど放送法に違反する不当な介入をしていたことが、当時の制作現場責任者の内部告発で明らかになった。

 2005年1月12日付『朝日新聞』の報道によると、中川、安倍両氏はNHK幹部と面談したことを認めており、この中で中川氏らは番組内容のうち、旧日本軍による「従軍慰安婦」などアジア女性に対する性暴力を裁くため、2000年12月に市民団体が開いた国際的な民衆法廷「女性國際戦犯法廷」に関する部分が公平さを欠くとして、放送中止や番組内容の改変を強く求めたといわれる。
 このことは翌13日の記者会見で、一連の事態の真相を明らかにした当時の制作現場責任者の証言でも、あらためて裏づけられており、両氏の言動は放送番組に対する干渉を禁じた放送法第3条に違反する重大な干渉と言わざるを得ない。

 しかも当時、安倍氏は官房副長官という要職、また中川氏は自民党内の「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会」の代表という立場で、番組が放送される前に事前検閲ともいえる干渉を行ったことは、メディアだけの問題にとどまらず、言論・表現の自由全般に対する許すことの出来ない侵害であり、強く抗議する。

 両氏はこの問題が表面化した13日になって、メディアからの質問に対しNHKに圧力を加えたことはないなどと、前言をひるがえす発言を繰り返しているが、疑念は増すばかりであり、我々は真相の究明を関係者に求めるものである。

 一方、NHKは番組改ざん問題を巡っては、あくまでNHK独自の判断で編集したと終始主張し続けており、13日の時点でも自民党筋からの圧力があったことを否定している。
 しかし、制作現場にいた関係者や番組に出演した高橋哲哉氏らの証言などからも、すでに完成していた「修正版」が、放送前日になって放送総局長らの命令で急きょ手直しされ、いったん放送総局長が承認したものに、さらに放送当日の数時間前に大幅な改編が行われるという前代未聞の措置がとられるなど、外圧の影響なしには考えられない事態が起きたことは、紛れもない事実である。
 番組が放送される前に政権与党の幹部に内容が筒抜けになり、チェックまで受けることは、公共放送の主体性を放棄した態度と言わざるを得ない。こうした事態を招いたNHKに強く抗議する。

 NHKは2001年1月30日の放送以降、改ざんに抗議する取材協力者や出演者、それにメディア研究者らの声に耳を貸そうともせず、高圧的な姿勢で応対しつづけてきた。
 このような姿勢は去年不祥事が相次いで明るみに出て、海老沢会長が事実上辞任せざるを得ない現状になっても改められず、組織改革のための「コンプライアンス推進室」は作ったものの、このままでは視聴者に向き合った改革は望み薄といわざるを得ない。
 NHKが経営委員会の刷新と併せて、番組・経営内容を思い切って情報公開し、視聴者の願いに真摯に向き合う立場に立つよう求めるものである。

2005年1月14日
    
日本ジャーナリスト会議

http://www.jcj.gr.jp/statemnt.html#050115

 次へ  前へ

政治・選挙7掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。