★阿修羅♪ 現在地 HOME > カルト1 > 272.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
この論文の唯一の欠陥はユダヤ・シオニズムとバチカンの陰謀との関係に全く触れられていない点
http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/272.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2005 年 4 月 15 日 07:22:03: SO0fHq1bYvRzo

(回答先: 聖なる目眩まし:Holy Smoke and Mirrors / バチカンの陰謀 投稿者 HAARP 日時 2005 年 4 月 13 日 17:56:00)

言い忘れていたことなのですが、この論文の唯一の欠陥はユダヤ・シオニズムとバチカンの陰謀との関係に全く触れられていない点です。この論文以外にも、バチカン、マルタ騎士団、CIA、マフィア、オプス・デイなどに関連した多くの文章があるのですが、その多くが同様です。ひょっとするとこの種類の文章の著者が左翼系のユダヤ人なのかもしれません。

自らネオナチを名乗っているサイトやそれに近いと思われるページにはもちろん「ユダヤ勢力」がバチカンの陰謀に関与している、と説くものがあります。私はネオナチはシオニストやCIA、MI6などが操る目くらましだと思っていますが、半分の真実が意図的にリークされている可能性も高いと思います。

ローマ・カトリックは1960年代のバチカン第2公会議で大きく変貌するのですが、この会議の前後、およびそれ以後の状況から見ると、カトリックの本質を変化させた勢力は、「ユダヤ勢力」とそれに結び付いたオプス・デイ、そしてアメリカ中枢部の可能性が高いように思います。この点について現在私は一つの論考(シリーズになるかもしれません)を準備中です。

いずれにせよ、これには二重三重の「奥」がありそうです。

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > カルト1掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。