★阿修羅♪ 現在地 HOME > 国家破産39 > 618.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
一点だけ、一応、専門家と端くれとしてコメントします。「融資」と「投資」について。
http://www.asyura2.com/0502/hasan39/msg/618.html
投稿者 ODA ウォッチャーズ 日時 2005 年 3 月 19 日 02:15:41: ilU7eLmFtsv5I

(回答先: Re: この経営者にしてこの社員ありか 投稿者 南青山 日時 2005 年 3 月 18 日 07:00:40)

2005-03-19 01:42:30
「融資」と「投資」
テーマ:Econo Trends
http://kaisetsu.ameblo.jp/entry-759647793ba49259457f6fef45961e36.html
現在、というか、この数年の金融の動向は、皆さんも、新聞などで御存知だと思いますが、「実物を担保にする融資」から、「プロジェクトを吟味する投資」に移行しています。
これは、日本以外では、勿論、常識でありますが、日本では、BISと不良債権の問題を質にして、竹中氏を中心とするグループが、これを推し進めています。
この過程で、大銀行は、自分の権益を侵されたくない、特に、トップと、それと繋がる経営陣の温存を図りたい、政治家や既存の癒着勢力との関係を温存したい、既存の従業員組合も自己保存を図りたい、との執念から、中小企業融資を切り捨てることにして、強制的な貸し剥がしを行い、日本の中小企業は、完全に潰されました。中小企業が潰れるということは、そこに生きている人々が潰されたのです。そして、その多くが地方でした。この敗者の人々を、私は、身近に見てきましたが、彼らは、二つの点を悔やんでいました。一つは、銀行を信用したこと。二つは、「自分たちの犠牲によって、本当に、日本が良くなるのか」ということです。
 失敗の原因は、土地や人的担保などの「実物を担保にする融資」に、銀行も企業も頼ったことです。
 これからは、株式の持合を止めて、プロジェクトの良し悪しを基準に、評価する時代へ向かうはずでした。
 フジ・サンケイ・グループこそ、新しい世の中を経済で先導するとして、これを主体的に推し進めた、張本人です、よ。
 投資は、利子を求めません。また、土地などの担保も、一つの手段に過ぎません。投資の根底は、『将来への読み』です。これは、漫然と読むのではなくて、ビジネスですから、合理的精神と分析力、知力、客観的な情報力という知的な活動分野が重要です。それと、行動の『自由』と『平等』です。
 現在、権力がある、資金力が在る、ということは、単なる、ストックであって、駒の一つに過ぎず、多くの手段の一つであって、これらを統合して料理する知力によって、価値は大きく左右されます。投資家は、このデザインに賭けるのです。
 フジ・サンケイ・グループも、言葉では、このことを提唱してきたのです。
 外資が来て、本当に困る中小企業は、既に、日本では、潰されました。
 大企業の『従業員』なんて、比較になりません。
 電波の公益性というけれど、既に、通信分野は自由化されています。
 これを温存することは、むしろ、政財官の癒着を温存することになります。NHKの例が示しています。
 また、テレビの商業主義の弊害こそ、問題視するべきです。
 本当に、テレビが必要ですか?
 むしろ、マスメデイアによって、全体主義が広まった歴史こそ、直視するべきです。
 インターネットによって、情報発信の分散化が生まれようとしています。
 この新しい動きを土台にした民主主義の形成に向かうべきです。韓国は、既に、発進しています。
 通信のコスト高は、日本において、まだまだ、続いています。
 途上国は、日本のODAによって、情報インフラを整備しつつあります。
 日本も、速やかに、ウェブからの使者に、全面的にメデイアの主導権を明け渡すべきです。
ODA ウォッチャーズ

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 国家破産39掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。