★阿修羅♪ 現在地 HOME > ホロコースト1 > 239.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
こちらに関連して木村様にご一考いただきたいことがございます
http://www.asyura2.com/0502/holocaust1/msg/239.html
投稿者 ぷち熟女 日時 2005 年 2 月 25 日 20:33:25: WgkZZjZT3HifU

(回答先: 愚民党さんにはもうしわけないが。 投稿者 金十字架 日時 2005 年 2 月 25 日 19:00:10)

金十字架さま、

お初でございます。

金十字架さま曰く:

「そもそもここで、こうした場での議論とはどうあるべきか。
まだそうしたものに対して誰もまじめに答えられないようだ。

良い機会である。

議論することの意義とは何か?
何をもって議論といえるのか?

いい加減、そんなことから始めねばならないようだ。」

そうなんですのよね。
あたくしが管理板7のhappyblueさまのスレに付けたレスから
ああいった論議、暴露に発展していますが、
あたくしのその元の投稿での主旨は
野次で罵倒を引き出す挑発や
命題の成立と直接関係のない要素への議論の誘導を排し、
もっと良い意味でガチンコ勝負の議論のみに絞っては、ということでした。
それさえ出来れば、このホロコースト板は読者にとって大変有用な
阿修羅の一つの名物板となり得ると思うのでございます。

肯定論支持の方々への宿題として
あたくしは「否定論支持の方々の論議への対応について
あたくしが見た問題点」というタイトルの作文を準備いたしておりまして、
その内容の先取りを、この機会に
肯定論支持のみなさまへのサービスも兼ねてこちらでさせていただきます。

戦争板での論議の始めから拝見しておりますと、
論議の争点の一つはガス室の有無ですね。
それに関しては木村さま側には木村さま独自の長年の調査結果のアーカイヴがあり、
肯定論支持の方々は、主に山崎カヲル氏のHP上の関連コーナー内の資料、
三鷹板吉氏HP「三鷹食堂」内の冷蔵庫
http://www.ss.iij4u.or.jp/~mitaka/reizoko_main.htm
にあるいくつかの資料などに依拠されての論争ということになっています。
(肯定論支持のみなさまは、これ以外に取り上げたい資料があれば
この下にレスを付け、URLをお示し下さい。)

そこで、木村様にご意見を伺いとうございます。

これまでのようにバラけた論議でなく、
この際、ホロコースト板を肯定・否定両論の比較検証アーカイヴへと改築すべく
例えば山崎氏HPの関連コーナーの最初から毎月一章ずつ取り上げ、
山崎氏の反論内容と、それらへの木村様側の論駁を
論点を逐一丁寧に突き合わせた上で
適当なタイトル(「山崎vs木村論争 再検証 その1」など)を決め、
毎回それを使用してこちらの板に連載していただくというのはいかがでしょう。

(木村様には論駁に当たり、提示資料からの直接の引用あるいはURLを用い、
それらとご自身の意見、判断やその根拠などを
どなたの目にもわかりやすいようきちんと分けていただくものとしましょう。
もちろん現時点では判断のならない部分はそのように明言していただき、
山崎氏側の提示資料の信憑性への木村様なりの所感も添えていただくということで。)

大変な労力を要求する作業であると思います。
しかし、木村様がこの作業を一度に一章ずつ行っていかれれば、
いずれは日本語では随一というネットアーカイヴを構築することが出来、
ネット上でこの問題を追う人々全てへの貢献に繋がります。

それに肯定論支持のみなさまも、
より論駁しやすくなってお喜びになること請け合いです。

いかがでしょう。
木村様のご返答、お待ち致しております。

ではまた、ごきげんよう。

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ホロコースト1掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。