★阿修羅♪ 現在地 HOME > ホロコースト1 > 466.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
英国における反テロリズム法の成立、ファシズム、収奪、そして国際金融資本
http://www.asyura2.com/0502/holocaust1/msg/466.html
投稿者 戦争屋は嫌いだ 日時 2005 年 3 月 07 日 22:48:41: d/vusjnSYDx0.

「支配者は、彼ら自身が支配をしているという実感が無いこと。現在の資本主義社会が少なくとも民主主義という形の中で合意のもと成立している社会であるという建前があることから、治安という名目でどんどん抵抗勢力を排除して行きますよ。」
(縄文ビト:ホロコースト板)

http://www.asyura2.com/0502/holocaust1/msg/463.html

蓋し名言である。

ただし本当のシナリオライターは「支配している実感」を十分にもっているはずである。英国で先日反テロ法が僅差で成立したが、本来猛反対して然るべきLib-Dem党が真剣に反対しなかった(!!!)ため議会を通過したのである。チャールズ・ケネディ党首にはおそらくその筋(奥の院)から凄い圧力(そういえば最近子どもが生まれたばかりで、脅迫には弱い立場だろう)があったことは間違いなさそうである。

労働党の閣僚などは、法案を提出したクラーク内務相も含めて、(一応勝ち組ということで)党首のブレア(およびその黒子)に従っているだけで、「支配している実感」はないだろう。

この動き、テロ制圧・治安を口実とした民権制限の動きは世界共通であるが、それから見ても背後に潜むのは国際金融資本であることは明白である。不動産バブル・年金・戦争、どれをとってみても金のなる木で、そのために大衆の既得権を根こそぎにして収奪するぞ、「何しろ20世紀は民主主義を調子づけて、ちょっとバカな大衆に甘くしすぎたからなあ」ってなもんだろう。反対する奴は全部しょっぴくからな、という狼煙(のろし)なのだと確信している。

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ホロコースト1掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。