★阿修羅♪ 現在地 HOME > 昼休み5 > 483.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
膝枕さん、どうも。
http://www.asyura2.com/0502/lunchbreak5/msg/483.html
投稿者 ワヤクチャ 日時 2005 年 6 月 01 日 17:06:49: YdRawkln5F9XQ

(回答先: 恋の話・・・・・・よりも「愛」 投稿者 膝枕 日時 2005 年 6 月 01 日 13:56:33)

私には姉が2人おりまして、6人家族で男は父と私だけという時期もありましてそういう意味では女性恐怖症なのかも知れませんが、それよりも末っ子で家族の中で発言をする機会があまり与えられず無口なまま過ごしたという事で人間関係を作る事自体が非常に難しいという状態が長らく続いたという事が一番大きかったと思います。
要するに「人と付き合う」という事の意味が分からないという状態だったのです。
例えば女の子の目を見たとしても何も特別な感情は沸かなかったのです。
カワイイとかはありましたが、それで終わりです。
無気力という感じかな?

愛についてはやはり「人を愛せない」と思います。
愛という感情が沸き上がる為の何かが欠落していると思います。

ひょっとしたら、いつか、愛を表現する事を禁止されたという体験があったのかも知れません。
「ああ、愛してはいけないんだ。」と。

ビートルズの「愛こそ全て」という曲も皮肉としか取りませんでした。
「諸悪の根源が愛である。」と。

例えば、特定の人間を愛する事はそれ以外の者に対する差別になると考えたのかも知れません。家族愛が他の家族に対する排他性の発揮に帰結するというかのように。

ヒゲダンディさんのお話で「与える愛」というものがありました。
しかし、私にはまだまだ「自分が欲しい」事だらけであり、とても人に与える段階になっていないと思いました。
従って自分には愛は無縁であると。

「愛とは何か?」と中1の頃に考えました。
その時の答えは「自分は愛されたい。だから、人も愛すべき。」というような曖昧なものでした。
これは、「自分が愛されようと思ったら、人を愛さなくてはならない。それで無ければ相手も愛してははくれまい。」というようなものでした。
しかし、こういう、結局は打算で動く事に嫌気を感じたものでした。
これは、今して思えば、「自分を愛する気持ちが強ければ強いほど、人を愛せないのではないか?」と思ったという事かと考えます。
相手が自分を幸福にする為の手段の地位になってしまうからです。
無私の愛とか自分よりも相手の方が大事なんて想像もできません。

まあ、この程度の人間ですわ。

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 昼休み5掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。