★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争66 > 238.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
ライス氏、国際協調を重視 国務長官就任へ公聴会(asahi.com)
http://www.asyura2.com/0502/war66/msg/238.html
投稿者 いやはや 日時 2005 年 1 月 19 日 01:58:34:OknzUKwI.KW9U

ライス氏、国際協調を重視 国務長官就任へ公聴会
--------------------------------------------------------------------------------

 ブッシュ米大統領が次期国務長官に指名したライス大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は18日、指名承認を審議する上院外交委員会の公聴会に臨んだ。ライス氏は冒頭に読み上げた声明のなかで、イランと並んで北朝鮮を名指しして「核兵器への野望」を放棄させるため、国際社会が団結する必要があると強調。「圧制の拠点」としても北朝鮮を挙げ、外交圧力を強める意向を表明した。

 「圧制の拠点」に挙げられたのは、北朝鮮のほかキューバ、ミャンマー(ビルマ)、イラン、ベラルーシ、ジンバブエの各国。「恐怖の社会」に生きるそれらの国々の国民が自由を獲得するためには、支援を差し伸べるなどの外交圧力が必要だとの考えを示した。

 ライス氏は「今こそ外交の時だ」と強調。「米国と世界との相互関係は、独白ではなく会話でなくてはならない」とも指摘し、国際協調路線を重視する姿勢を示した。

 一方、アジアの同盟諸国との関係はかつてなく強固だと述べたうえで、日本、韓国、オーストラリアを「アジアの主要なパートナー」と呼び、安全保障や経済の分野での連携を維持していく考えを示した。ただし、中国については「率直で協力的かつ建設的な関係を構築しつつある」としながら、「相当な価値観の違いがある」とも語った。

 また、アフガニスタンとイラクでブッシュ政権が敢行したテロとの戦いが「自由化の成功」を収めたと自賛。その成功が中東地域に希望をもたらすと指摘した。「拡大中東地域に独裁、絶望、怒りが存在している限り米国人やその友人の安全を脅かす過激派や運動を生み出す」と述べ、今後もこの地域の民主化支援を続ける必要性を強調した。 (01/19 01:51)

-------------
http://www.asahi.com/international/update/0119/002.html

 次へ  前へ

戦争66掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。