★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 戦争66 > 612.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
↑「アウシュヴィッツの嘘」はまったく逆の強制された嘘だった。
http://www.asyura2.com/0502/war66/msg/612.html
投稿者 木村愛二 日時 2005 年 1 月 26 日 07:52:21:CjMHiEP28ibKM

(回答先: 「ガス室の叫び声、忘れられない」=アウシュビッツ勤務の親衛隊員−独紙(時事通信) 投稿者 竹中半兵衛 日時 2005 年 1 月 26 日 07:32:14)

「アウシュヴィッツの嘘」はまったく逆の強制された嘘だった。

以下は拙著の抜粋である。
------------------------------------------------------------
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-29.html
『アウシュヴィッツの争点』

『アウシュヴィッツの嘘』の内容をなぜ正確に報道しないのか

 さて、そんな言論状況のドイツでは、「アウシュヴィッツの嘘」などの「発言」を最高三年の禁固で処罰する刑法改正案が、一九九四年の五月二十日に下院で賛成多数をえて可決され、上院では「最高五年の禁固刑」に強化されるという事態になった。
 なお、「アウシュヴィッツの嘘」というのは本来、元ドイツ軍の中尉、ティエス・クリストファーセンが一九七三年に発表した短い回想録の題名である。わたしの手元にはその本の全文英語訳がある。
 クリストファーセンは一九四四年の一月から一二月までアウシュヴィッツに勤務していた。かれは、自分自身の経験から、「ガス室」の存在を完全に否定している。回想録の終わりでは、「なぜ関係者のみなが長い間、沈黙をまもっていたか」という疑問にたいして六項目のこたえをしるしているが、そのなかにはつぎのような切実な問題がふくまれている。
「発言は無視されつづけた」
「真実を語ることは社会からの追放をまねき、財政的な自殺行為にひとしい」
「子どもたちは無事に育てあげなければならない」
「妻は六五歳になると年金の受給資格が生ずるが、自分の身におきたことで、その支給が保留されないことをのぞむ」
 クリストファーセンがおそれたような社会的圧迫は、その後もつづいている。
 回想録『アウシュヴィッツの嘘』にたいしては、ポルノ出版などの「有害図書」を禁ずる青少年保護法が適用されて、ドイツの一般書店では発売禁止となっており、本人は刑事罰をさけるために隣国のデンマークにすんでいる。序言をよせた弁護士も、「民主主義侮辱罪」で有罪を宣告されて亡命中で、国際警察にも追われているという。
 本来ならば、メディアにもとめられている機能の第一は、『アウシュヴィッツの嘘』の内容を正確に報道し、世論の判断をあおぐことであると思うが、どうだろうか。「発売禁止」のこの本は、どうやら昔の「発禁本」の典型だった『共産党宣言』のように、禁じられているがゆえに逆に、ひそかな読者をふやしつづけているらしいのだ。わたしが持っているのは一九七九年版の英語訳だが、その内表紙には、「五カ国語で一〇万部以上が普及!」としるされている。
 なお、『アウシュヴィッツの嘘』の内容は、まったく政治色のないものである。クリストファーセン自身も、ヒトラーに忠誠を誓う親衛隊員などではなかった。中尉の位はあるが、前線で負傷して慢性瘻管という症状になり、軍務に耐えられなくなったため、アウシュヴィッツでは収容所の管理には責任のない農場の研究者として、天然のインドゴムの成分をつくるコック・サギスという草の栽培に当たっていたのである。弁護士のレーダーは序文のなかで、クリストファーセンのこの立場を「中立」と表現している。

以上で(その29)終わり。(その30)に続く。

(その30)へ
------------------------------------------------------------

以上の拙著の内の「クリストファーセン自身も、ヒトラーに忠誠を誓う親衛隊員などではなかった」という部分から、『週刊金曜日』は、「親衛隊員などではなかった」という部分だけを引き、私が事実を偽っているとして、攻撃してきた。

この件の裁判記録は、以下にある。

http://www.jca.apc.org/~altmedka/gas-trial.html
1998年4月9日のリンク変更以後に、訪問したのは、

あなたで4,191人目です。

「ガス室」裁判
[後略]
------------------------------------------------------------

 次へ  前へ

戦争66掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。