★阿修羅♪ 現在地 HOME > 戦争68 > 206.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
『週刊現代』2005年3月19日号 175p 「捏造」は、記事か鑑定結果か めぐみさん「遺骨」めぐり大騒動
http://www.asyura2.com/0502/war68/msg/206.html
投稿者 ミネルヴァの梟 日時 2005 年 3 月 09 日 02:32:42: 7usxHQAUfPfZM

『週刊現代』2005年3月19日号

175p

「捏造」は、記事か鑑定結果か
めぐみさん「遺骨」めぐり大騒動

イギリスの科学雑誌『ネイチャー』に載った一本の記事が、日朝関係に新たな緊張を生んでいる。記事のタイトルは「DNAは拉致問題で対立する日朝間の焦眉の問題」。同誌2月3日号に掲載された。
 この記事のなかで、昨年12月に鑑定結果が出て以来、日本政府が一貫して偽
物だと言ってきた横田めぐみさんのものと称する「遺骨」について、鑑定を担
当した帝京大学医学部の吉井富夫講師がインタビューに答えている。吉井氏の
発言の主なポイントは次の4点である。
@ 自分の「偽物」という鑑定結果は断定的なものではない
A 遺骨は、他人の汗などで汚染されていた可能性がある
B 火葬された遺骨の鑑定経験はなく、初めてだった
C すでに遺骨は鑑定のために使い果たし、再鑑定は不可能
これらが事実ならば、日本に対し、北朝鮮が再三反論していることも無視で
きない。
吉井氏は東邦大学理学部出身で、'91年から帝京大医学部の法医学研究室に勤
務している。同研究室には現在、教授・助教授ともおらず、吉井氏がトップ。
厚労省の「戦没者遺骨のDNA鑑定に関する検討会」に参加するなど、政府と
の関係も深い。
すでに日本政府側は細田博之官房長官が会見で、記事発表後に吉井氏から改
めて話を聞いたことを明かした上で、
「『ネイチャー』の記事は捏造されたものだ。吉井講師は『自分が言っていない
ことを書かれた』と言っていた」
と語り、騒動にケリが付いたと言わんばかりだ。
細田発言に対し、記事を書いた『ネイチャー』のデイビッド・シラノスキー
記者が初めて口を開いた。
「捏造なんてするわけがない。結果的に北朝鮮にとって有利な印象の記事にな
ったかもしれないが、私は火葬された骨をどうやってDNA鑑定するのかに科学
的な関心があり、吉井氏に電話して取材を申し込んだだけだ。彼は私の質問に
対し、科学者として論理的に答えてくれた」
そこで、当の吉井氏を取材したところ――。
「政府からも、警察からも、大学からも、この件についてはコメントするなと
止められている。だから話せないんだ」
記事を「捏造」と決めつけておいて、当事者には口止め工作する。こんなこ
とでは、ますます北朝鮮につけこまれるばかりではないか。

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争68掲示板



フォローアップ:


 

 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。