★阿修羅♪ > アジア1 > 838.html
 ★阿修羅♪
故三島由紀夫氏は、赤尾敏を初め愛国者を貶める為にヤクザ・テキヤを組織し右翼を詐称した連中を「パチンコ右翼」と称した!
http://www.asyura2.com/0505/asia1/msg/838.html
投稿者 救国の草莽の志士 日時 2005 年 6 月 07 日 10:54:38: fzrYJ5Wj4Dt36
 

(回答先: 中国の横暴から日本を守る愛国者?かと、思ったら、右翼を詐称する北朝鮮勢力だった。 投稿者 ブッシュ親子の自作自演テロの11 日時 2005 年 6 月 07 日 00:31:38)

日本の戦後の右翼は、ユダヤが意図的に日本の愛国者を貶める為に、巣鴨刑務所にいた児玉誉士夫や笹川良一や岸信介を、彼らのエージェントになりフリーメーソンになるのを条件に釈放したと共に、日本のナショナリズムを封印して、一般国民をナショナリズムから切り離す為に、「愛国者」を貶める為に、彼ら出所組みの連中に、わざと社会の屑のヤクザ・テキヤを組織させて右翼を詐称させて、意図的にわざと本当の愛国者から遠ざけた。故三島由紀夫氏は、こうしたエセ右翼の連中を「パチンコ右翼」と称して軽蔑した!この自称右翼の連中は、金で操られて動かされる売国奴であり、ユダヤや統一教会・創価学会ら朝鮮系のエセ宗教団体・山口組・稲川会らの在日系組織暴力団のエージェントとなる。稲川会の石井会長に丸がかえで当選させてもらった在日朝鮮人の人非人・婦女暴行魔の小泉がそのエージェントであるのは言うまでもない。こうした在日朝鮮人が右翼ぶった連中が「靖国神社」を利用して、己れの使命である中国人や韓国人を挑発して「反日運動」に駆り立てる役割を果たすべく、「靖国神社」、「靖国神社」と騒ぐのである。他方、中国では、この朝鮮人が「反日運動」を唱えて何も知らない中国人を扇動しているのが現在の「反日運動」の正体である。複数の事情通の中国人の方々から、「反日運動」を煽って実際に主導しているのはq、中国人ではなく、これら送り込まれた朝鮮人であるとの真相が、小生には入っている。これは、日中間と日韓間を割きその衝突、つまり日米対中国・北朝鮮・韓国の軍事衝突に追い込むというユダヤの大戦略の手先の策動であることは明らかである。本当の「愛国者」は、本当の幕末明治維新の仕掛け人で主人公であった勝海舟とその愛弟子の西郷隆盛・坂本龍馬の主張したアジア主義路線「東洋共有の海局」に沿った「大アジア主義」こそ、取るべき「愛国者」の路線である。この勝海舟とその愛弟子の西郷隆盛・坂本龍馬の主張したアジア主義路線「東洋共有の海局」から宮崎とう天・頭山満の「アジア主義」が生まれ、同じアジア人の中国人孫文の「中国革命」が生まれたのである。こうした日中の提携を何とかして潰して、満州・中国のアジア大陸から日本を追い払い、中国市場を独占したかったのがユダヤであった。日中はそのユダヤの姦計にやすやすと嵌り、中国共産党の仕掛けたろこう橋事件で日中衝突に嵌った。あれ程、石原莞爾が中国本土には入ってはならないと警告していたにも関わらず、である。今、また、ユダヤに所有されているマスコミ初め、愚かな大衆は、エセ在日朝鮮右翼に煽り誘導されて、日華事変の訳70年目の今日、再度、仕組まれた「日中衝突のシナリオ」に嵌め込まれようとしている。「故三島由紀夫氏」の切り落とされた首は、エセ右翼の心胆を寒からしめて、「パチンコ右翼」の正体を天下に曝したのである。「靖国神社」の「神域」に、これらの小泉を初めとした在日朝鮮エセ右翼が、足を一歩たりとも踏み入れることだに、500キロ爆弾とともにユダヤに支配された植民地米国軍の敵機動部隊に突入して散華した新の勇者の英霊達は、許しはするまい。愛国者の日本人よ、中国人よ、目覚めねばならない。この姦計の仕掛け人達こそ、あの英霊達が体当たりしてでも、倒そうとした相手であったことを!

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > アジア1掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。