★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ41 > 134.html
 ★阿修羅♪
Re: その手には乗らないように気をつけましょう(笑)
http://www.asyura2.com/0505/bd41/msg/134.html
投稿者 Sun Shine 日時 2005 年 9 月 10 日 13:36:22: edtzBi/ieTlqA
 

(回答先: 何でもメガ・ビジネスにしたがる手合いのせいでアーチストや職人が希望を失う世の中になってしまった 投稿者 ぷち熟女 日時 2005 年 9 月 10 日 02:52:09)

ぷち熟女さん

ぷち熟女さんの口から、ジャコ・パストリアスが出てくるとは思いませんでした(笑)。ジャコはイタリア系アメリカ人だからでしょうか?(笑)

おっしゃる通りアンディー・ウォーホールに代表されるポップ・アートの流行は、大量生産、大量消費をスローガンにしていた政治経済情勢と重なると思います。これのアート版がポップ・アートだったのではないでしょうか。

メガ・ヒットだけに焦点を当てた音楽の大量生産、大量消費もしかりでしょう。

薬については、あまりこの場では色々とうかつなことは書けないのですが(笑)、コンサートなどのバックステージでは、必ずといっていいほど薬の売人がうろついていたことは確かなようです。これは本当に不思議なほど、ツアーの行く先々で必ずといっていいほど、手配されていたということは複数の人たちから聞いています。

古い話になりますが、以前エルビス・プレスリーのバック・バンドでサックスを吹いていたというあるミュージシャンから話を聞いたことがあるのですが(彼は、その昔、ロギン&メッシーナでもやっていたとか)、エルビスの場合は、全て自家用機で移動していたらしいのですが、医者と何箱もの薬付きで、動いていたらしいです。おっしゃるようにヒルが生き血を吸うように、相手が倒れるまで食らいついたら離れないとでも言うように。

ただこれもマーカス・ミラーやウィントン・マーサラスあたりの年代(40代半ば)になると、めっきりと薬は流行らなくなって来て、やらない人が多いですね。やはり人類は進歩しているのでしょうか(笑)。先人の失敗から,物を学んでいるということでしょう(笑)。

ジョシュア・レッドマンに代表されるように、ハーバード大を出て、ミュージシャンといったミュージシャンの2代目、3代目も結構多くなっていますので、馬鹿なことはやらない人が多くなってきてはいるようです。

その代わり、それはそれでクリーンすぎて面白みがないとか、音にセクシーさがないとか、悪の香りがしないのでつまらないとか、色々言う人はいますけど(笑)。

やはり音楽とは切れば血が出るような、人間の息吹が感じられるようなものでなければ、つまりませんよね。

音楽ほど大衆をマインドコントロールしやすいツールはないわけで、世界統一支配をもくろむ人間はこれからもあの手この手で仕掛けてくると思いますが、お互い注意しましょう(笑)。

しかし、ぷち熟女さんも立派なジプシー・スピリッツを持ってらっしゃいますね! 私といいとこ勝負です(笑)。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > Ψ空耳の丘Ψ41掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。