★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ41 > 290.html
 ★阿修羅♪
前原民主党に亀井静香氏や「敗北した自民党」になれというようなトンチンカンな提言
http://www.asyura2.com/0505/bd41/msg/290.html
投稿者 あっしら 日時 2005 年 9 月 22 日 16:25:57: Mo7ApAlflbQ6s
 

(回答先: 前原民主党が暗い森から脱出するための魔法の武器 投稿者 接続中 日時 2005 年 9 月 22 日 10:39:35)


“魔法の武器”と銘打っているので期待したが、回転木馬deニュースを書いた人は、民主党や前原氏の政治信条や価値観をまったく理解しないだけではなく、この間の政治情勢の推移を考慮しないまま自分の希望を前原民主党に託そうとしただけのようである。

>ぜひ前原民主党には、積極財政という魔法の武器で、小泉純一郎の「急所」を突き刺
>して、迷い込んだ暗い森から光の中に出て、確かな二大政党に成長してもらいたいも
>のである。

民主党が今回の総選挙でわざわざ得票を減らす効果を持つ「日本を、あきらめない」というキャッチプレースを採用した認識や判断の基礎を理解していないようだ。

「日本を、あきらめない」は、GDPの1.5倍とも千兆円とも言われる巨大な政府債務残高がこれからの日本を押し潰すことになるという認識を基に、財政再建政策をドラスティックに押す進めることでそれが回避できるという思いを表現したものである。


民主党は、小泉自民党よりも新自由主義・市場原理主義を信奉する政治勢力であり、政府債務の負荷が国民に重くのしかかることで国民の自由で活発な経済活動が阻害されることを避けるべきだと考えている。
もちろん、「連合」を支持基盤とし旧社会党右派系の国会議員も抱えているのみならず現代の政権志向政党であるなら当然の判断であるが、国民の自由で活発な経済活動のなかで失業したり困窮生活に陥った国民に対するセーフティネットも考慮している。しかし、それは、新自由主義・市場原理主義的経済社会の全面展開を是とした上での「最後の救済措置」なのである。

そのような民主党に、政府債務残高を積み増しする政策である「積極財政」を提言するのは、亀井静香氏や共産党に新自由主義・市場原理主義を信奉するよう進言するようなものであり、まったくお門違いと言える。


「積極財政」が“魔法の武器”であるならば、前原民主党の採用を待たずとも、それを与党内で果敢に訴え続けてきた亀井静香グループが現在のような凋落を遂げていないはずである。

さらに言えば、橋本・小渕・森内閣という「積極財政」内閣が国民の支持を失い、そのような政治情況のなかで政権を維持するため、自民党が口先だけでも緊縮財政を唱える小泉氏を総裁・総理にしたという経緯も無視している。
(自覚しているのか無自覚なのかは不明だが、小泉氏は、緊縮財政を唱えながら積極財政を維持してきた稀に見る言論詐欺師(政局観に優れている政治家)である)


「積極財政」が“魔法の武器”として機能するとすれば、自民党が総選挙で敗北し下野したときであろう。
政権維持を至上命題とする自民党は、朝まで新自由主義・市場原理主義を唱えていても、夕べにはケインズ主義政策による景気回復を唱え始めることができる融通無碍の(デタラメな)政治勢力である。
(それは、小泉氏自身が言ったように、本音では郵政民営化に反対の国会議員の多数が郵政民営化法案に賛成票を投じたことでもわかる)

>しかし財政赤字の上限は市場が決めるのである。もし政府の負債が信用を失うくらい
>になっているのなら、国債は暴落するはずである。ところが日本の国債は、現在のと
>ころ引っ張りだこで、利回りも低い。つまり、なんの問題もないのである。

「財政赤字の上限は市場が決める」という説明は嘘っぱちである。
日本の財政赤字は、日銀が年間14兆円の既発国債を買い取り30兆円を超える当座預金残高を維持することで実現されているのであって、漫然と市場に委ねていれば35兆円の赤字をファイナンスすることはできない金融状況にある。
日本円を大量供給すれば、民間でそれを運用できる規模は限られているので“自然”に国債(公債)に向かうことになる。

35兆円もの赤字を低利でファイナンスするために、日本政府は“非市場原理”的手法を採り続けているのである。


さらに言えば、フローである赤字財政は“非市場原理”的手法で賄えるとしても、積み上がった債務の履行(利払い・償還)は別の問題を孕んでいる。

国民が「積極財政」に反対の意を持ち始めたのは、政府債務の増加を理由に消費税率の引き上げや公的保険料の負担増が実施されたことが契機である。
「積極財政」のツケが自分たちに回されることがわかった国民が「積極財政」を選択しないことは十分に理がある判断である。

将来のハイパーインフレ問題はともかく、回転木馬deニュースを書いた人は、赤字財政のストックである政府債務残高をどうするのかを明示しなければ、「積極財政」が“魔法の武器”として機能することがないことを肝に銘じなければならない。


 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > Ψ空耳の丘Ψ41掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。