★阿修羅♪ > 不安と不健康11 > 158.html
 ★阿修羅♪
「スペイン風邪」の現場証言
http://www.asyura2.com/0510/health11/msg/158.html
投稿者 縞 日時 2005 年 11 月 24 日 18:34:39: 0VsXfrsMPtJ9g
 

11/24: ・「太田龍の時事寸評」
        平成十七年(二〇〇五年)十月十四日(金)
        (第一千四百六十二回)
        に曰く。
 
○ジョン・ラッポポート。
 このひとは、米国のいわゆる反陰謀陣営、反NWO陣営の論客の一人である。

○「ワクチンによって作り出された一九一九年のインフルエンザの大流行」
 という彼の論説が、二〇〇五年十月十一日付けのヘンリー・メイコウのニュー
 ズレターで、紹介されて居る。

○これは、約二十五年前に書かれた、エレノア・マクビーンの著作
 (『ワクチン接種の犯罪を告発する』)の中の一節である。

○エレノア・マクビーンの文章を、以下に要約する。

 (1)私(エレノア・マクビーン)は、
    一九一八年のインフルエンザの大流行の現場に居て、その現実を見た。

 (2)インフルエンザは二年間続いた。

 (3)二千万人が死んだ、とされる。

 (4)しかし、死者の殆んどは、ワクチン接種による。
    つまり、ワクチンを接種されたものが、ワクチンによって殺害された
    のである。

 (5)私はワクチンを避けた。
    そのために私は殺されなかった。

 (6)ワクチンを接種せずにインフルエンザの病人を治癒させた医者も存在
    した。
○このエレノア・マクビーンの一文(英文)は、末尾に参考資料として引用する。


     ・今日は仕事が休みで、だからといって暇というわけでもないのだけれど、
      前から気になっていたので翻訳を試みてみた。

--------------------------------------------------------------------------------

【縞蘇鉄による試訳】


  1919年のインフルエンザ大流行はワクチンによって引き起こされた。 ジョン・ラッポート記。

  2005年10月11日
  http://www.savethemales.ca


 エリノア・マクビーンによって、ほぼ25年ほどまえになされたもうひとつの分析がある。以下の引用は彼女の著書「糾弾されたワクチン接種」(Vaccination Condemned)の第2章からのものだが、全く違った観察が示されている。


 私は1918年のインフルエンザ流行の現場をこの目で見た

 1918年のスペイン風邪の流行を体験した医者や人々のだれもが、あれは世界的にも前例の無い恐ろしい病気だったと言います。ある日心身ともに強健だった人が次の日には死んでいるかもしれませんでした。その病は、腸チフス、ジフテリア、肺炎、天然痘、小児麻痺といった、第一次世界大戦直後に人々がワクチンとして接種されることになった諸病に加えて、黒死病(ぺスト)の特徴をそなえていました。事実上全ての人が、1ダースかそれ以上の病気や毒性血清を「種としたもの」を注射されました。そのようにして医者が作った病気が一斉に発生しだしたとき、それは悲惨なものでした。

 流行は2年間続きましたが、その勢いは、症状を抑えようとして医師たちがさらに投与した薬の毒性によって保たれました。私が見いだしたかぎりでは、インフルエンザはワクチン接種を受けた人だけを襲いました。注射を拒絶した人たちはインフルエンザを免れました。私の家族はワクチン接種を全て拒絶していましたので、流行期間中も無事にすごすことができました。私たちは、グラハム、トレイル、チルデン、その他の人の健康法から、毒性のあるもので身体を汚染すればそれはかならずや病気につながっていくということを知っていたのです。

 インフルエンザの最盛期には、学校は勿論、全ての店が扉を閉ざしていましたし、ばかげたことに病院までもが、医師や看護婦もまたワクチン接種をうけていたのでインフルエンザで倒れて、閉鎖されるというありさまでした。そんな訳で、医者もいない中、私たちの両親は、少しでも病人の世話が出来ればと家々をまわっていました。もしも細菌、バクテリア、ヴィールスやバチルスといったものが病気の原因になることができるのなら、私たちの両親は一日に何時間も病人と同室していたのですから、感染する機会はいくらでも有ったわけです。しかし、彼らはインフルエンザに罹ることはありませんでしたし、また、病原菌を持ち込んで私たち子供にうつすということもなく、何も引き起こしはしませんでした。私たちの家族は、深い雪の積もるその冬の間中、誰一人としてインフルエンザはおろか鼻風邪にさえかかる者もありませんでした。

 1918年のインフルエンザ大流行は世界中で2,000万人もの人を殺したと言われています。しかし、実際には、医師たちがいいかげんで致死的な処置と薬によって殺したのです。これは厳しい告発ですがそれでも、薬品を用いない医者と、そうでない一般の医者と、どちらが成功したかという比較で判定すれば、それが真実なのです。

 「メディカルな」人々や病院が、診ていたインフルエンザ患者の33%を死なせていた一方で、BATTLE CREEK, KELLOGGそしてMACFADDEN'S HEALTH-RESTORIUM といった「メディカルでない」病院ではほとんど100%の治癒をえていたのですが、彼らが用いた治療法はといえば、注意深く計画された自然食の食事療法に続いて、水療法、水浴、浣腸、その他、そして、断食その他いくつかの単純な治療法を施すというものでした。ある「ヘルスドクター」は8年の間一人も患者を失いませんでした。このように一人の患者も失わなかった「薬を用いない医師」たちの一人による健康治療のめざましい成功例は、少し後で出版される、この本の他の部分(タイトルはVACCINATION CONDEMNED)で示されるでありましょう。

 もしも「メディカルな」医師たちが「薬を用いない医師」たちと同じくらい高度であったならば、そのような2千万もの「メディカルな」インフルエンザ治療による死は無かったことでしょう。

 ワクチン接種を受けた兵士たちの間には、それを受けなかった市民の間でよりも、7倍の病気がありました。しかもそれらの病気はその予防としてワクチン接種されたものだったのです。1912年に海外から引き上げてきたある兵士は私に、陸軍病院は小児麻痺患者でいっぱいで、大の大人がなんで子供の病気に罹らなくちゃならないんだと思った、と話してくれました。今では私たちは、麻痺はワクチンの毒性による後遺症であることを知っています。家にいる者たちが麻痺に罹ることは、1918年にワクチン接種の世界的なキャンペーンがおこなわれる前にはなかったことです。

引用終わり。

JON RAPPOPORT  www.nomorefakenews.com


また、次も見よ。

The poisoned needle - suppressed facts about vaccination
by Eleanor McBean


--------------------------------------------------------------------------------


【原文】

 1919 Flu Pandemic caused by Vaccines by Jon Rappoport

 October 11, 2005
 http://www.savethemales.ca

Here is another analysis, written about 25 years ago by Eleanor
McBean. This excerpt, from chapter two of her book, Vaccination
Condemned, makes a quite different observation:

I WAS AN ON-THE-SPOT OBSERVER OF THE 1918 INFLUENZA EPIDEMIC

All the doctors and people who were living at the time of the 1918
Spanish Influenza epidemic say it was the most terrible disease the
world has ever had. Strong men, hale and hearty, one day would be dead
the next. The disease had the characteristics of the black death added
to typhoid, diphtheria, pneumonia, smallpox, paralysis and all the
diseases the people had been vaccinated with immediately following
World War 1. Practically the entire population had been injected
"seeded" with a dozen or more diseases or toxic serumss. When all
those doctor-made diseases started breaking out all at once it was tragic.

That pandemic dragged on for two years, kept alive with the addition
of more poison drugs administered by the doctors who tried to suppress
the symptoms. As far as I could find out, the flu hit only the
vaccinated. Those who had refused the shots escaped the flu. My family
had refused all the vaccinations so we remained well all the time. We
knew from the health teachings of Graham, Trail, Tilden and others,
that people cannot contaminate the body with poisons without causing
disease.

When the flu was at its peak, all the stores were closed as well as
the schools, businesses even the hospital, ass the doctors and nurses
had been vaccinated too and were down with the flu. No one was on the
streets. It was like a ghost town. We [who didn't taken any vaccines]
seemed to be the only family which didn't get the flu; so my parents
went from house to house doing what they could to look after the sick,
as it was impossible to get a doctor then. If it were possible for
germs, bacteria, virus, or bacilli to cause disease, they had plenty
of opportunity to attack my parents when they were spending many hours
a day in the sick rooms. But they didn't get the flu and they didn't
bring any germs home to attack us children and cause anything. None of
our family had the flu not even a sniffle and it wa was in the winter
with deep snow on the ground.

It has been said that the 1918 flu epidemic killed 20,000,000 people
throughout the world. But, actually, the doctors killed them with
their crude and deadly treatments and drugs. This is a harsh
accusation but it is nevertheless true, judging by the success of the
drugless doctors in comparison with that of the medical doctors.

While the medical men and medical hospitals were losing 33% of their
flu cases, the non-medical hospitals such as BATTLE CREEK, KELLOGG and
MACFADDEN'S HEALTH-RESTORIUM were getting almost 100% healings with
their water cure, baths, enemas, etc., fasting and certain other
simple healing methods, followed by carefully worked out diets of
natural foods. One health doctor didn't lose a patient in eight years.
The very successful health treatment of one of those drugless doctors
who didn't lose any patients will be given in the other part of this
book, titled VACCINATION CONDEMNED, to be published a little later.

If the medical doctors had been as advanced as the drugless doctors,
there would not have been those 20 million deaths from the medical flu
treatment.

There was seven times more disease among the vaccinated soldiers than
among the unvaccinated civilians, and the diseases were those they had
been vaccinated against. One soldier who had returned from overseas in
1912 told me that the army hospitals were filled with cases of
infantile paralysis and he wondered why grown men should have an
infant disease. Now, we know that paralysis is a common after-effect
of vaccine poisoning. Those at home didn't get the paralysis until
after the world-wide vaccination campaign in 1918.

End of excerpt

JON RAPPOPORT www.nomorefakenews.com


See also

The poisoned needle - suppressed facts about vaccination
by Eleanor McBean

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 不安と不健康11掲示板



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。