★阿修羅♪ > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ12 > 386.html
 ★阿修羅♪
米、またBSE牛か 【強化検査】で発見 確定なら3例目―「東京新聞」
http://www.asyura2.com/0601/gm12/msg/386.html
投稿者 天木ファン 日時 2006 年 3 月 13 日 19:25:21: 2nLReFHhGZ7P6
 

(回答先: 新たなBSE感染牛か 米、クロなら3例目 週内にも結論―「東京新聞」 投稿者 天木ファン 日時 2006 年 3 月 12 日 12:38:22)

米、またBSE牛か
 
 強化検査で発見 確定なら3例目
  
 【ワシントン=久留信一】米農務省は十一日、米国内で牛海綿状脳症(BSE)感染の疑いがある牛が見つかった、と発表した。牛の組織をアイオワ州エイメスの政府試験所に送り、確認テストを行っている。結果は四日から七日以内に判明する。この牛がBSEに感染していれば、米国牛としては三例目となる。

 問題の牛は同省が行っているBSE強化サーベイランス検査で発見された。牛が飼育された州など詳しい状況は明らかにしていない。国際的な検査手法である「免疫組織化学検査」に加え、日本や欧州諸国が採用している「ウエスタンブロット法」も使って検査する。

 同省のクリフォード主任獣医師は声明で「BSE感染が確定したわけではないが、万全の安全対策がとられている」と強調。この牛の肉は、食用としても家畜用飼料としても流通していないことを明らかにした。

 米国では二〇〇三年十二月、ワシントン州でカナダ生まれの牛のBSE感染が確認され、〇五年六月には米国産としては初めてのBSE感染牛がテキサス州で見つかっている。

 ■月齢情報など米側に要求へ 政府

 米国で三例目となるBSE感染の疑いがある牛が見つかったことで、政府は米農務省からの詳しい情報を待って、今後の対応を決める方針だ。政府は直ちに米国産牛肉の輸入再開問題に影響を及ぼすとはみていないものの、国内の消費者には再開に慎重な見方が広まる可能性がある。

 政府は今後、外交ルートを通じて、牛の月齢や出生地などの情報を米側に求める方針。ただ、米国のBSE検査は生後三十カ月以上の高齢牛や死亡牛に限って行っている。このため、現時点では生後二十カ月以下の若齢牛に限定した輸入再開条件を覆す事態につながる可能性は低いとみている。

 しかし、米国産牛肉への危険部位混入など米側のずさんな対応が明らかになっており、消費者の不安感は高まりそうだ。


http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20060313/mng_____kok_____002.shtml

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ12掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。