★阿修羅♪ > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ13 > 298.html
 ★阿修羅♪
鳥イ・ワクチン開発協力拒否は「先進国タミフル買占め」の教訓
http://www.asyura2.com/0601/gm13/msg/298.html
投稿者 戦争とはこういう物 日時 2007 年 2 月 20 日 21:31:32: N0qgFY7SzZrIQ
 

(回答先: インドネシア、鳥インフルエンザワクチン開発でバクスター系と覚書[ロイター] 投稿者 feel 日時 2007 年 2 月 09 日 10:14:31)

 この問題にはWHO絡みで高い薬を売り付けられ「薬物市場」とされたタミフル騒動の時の痛い教訓がある。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(引用ここから)
◎インドネシア:WTOへの鳥インフルエンザウイルス提供制限
http://www.janjan.jp/world/0702/0702180297/1.php

【バンコクIPS=マルワアン・マカン・マルカール、2月8日】 インドネシア政府は今週、国際保健機構(WHO )への鳥インフルエンザ・ウイルス提出を選択的に行う旨決定した。同決定の背景には、鳥インフルエンザ・ワクチン開発競争に置き去りにされるのではないかという開発途上国の懸念がある。
 インドネシアは、米国を拠とするBaxter Healthcare社と共同で、自国民のための接種ワクチンを開発して利益を上げる計画で、これにより既存のワクチン開発グローバル・システムに混乱が起こるのではないかと見られている。
 タイの公衆衛生担当官の一部はインドネシアの動きを支持。「もし利益が公平に配分されるなら、既存のWHOシステムもよかろうが、開発途上国が提供するウイルスから製造されたワクチンの利益の多くは開発国のものとなるのが現実だ」としている。また、疾病予防担当のある高官は、「どの国も他国の問題よりも自国民の健康を優先するのは当然であり、インドネシアの考えには一理ある」と語っている。
 2005年には鳥インフルエンザに効果があるとされる薬剤「タミフル」を巡り国際取得合戦が始まり、自国では鳥インフルエンザが発生していない米国、英国、フランス、ノルウェーといった開発国が、タミフルを必要とする開発途上国を押しのけてスイスの製薬会社ロッシュから大量のタミフルを購入するという騒ぎになった。
 開発途上国の懸念は1月のWHO会議で顕著となった。中国当局は昨年後半、WHOに提供を予定していたウイルス・サンプルの量を制限し、中国南部で広がっていた新種と見られるインフルエンザを心配していたWHOと衝突した。
 インドネシアでは、ジャカルタを襲った大洪水で鳥インフルエンザの発生が増加するのではないかとの懸念が高まっており、動物検疫局は監視を強化している。インドネシア政府の鳥インフルエンザ・ウイルス提供制限決定について報告する。

翻訳/サマリー=山口ひろみ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(引用ここまで)
 因みに、神経に異常を起こすこともあるというタミフルの副作用については、調査されていたのだろうか?

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 狂牛病・遺伝子組み換え・鳥インフルエンザ13掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。