★阿修羅♪ > 日本の事件19 > 126.html
 ★阿修羅♪
私は警察のおとりにさせられた!? 名古屋妊婦切り裂き殺人事件の真相を当事者が告発(山岡俊介取材メモ)
http://www.asyura2.com/0601/nihon19/msg/126.html
投稿者 gataro 日時 2006 年 3 月 09 日 08:44:26: KbIx4LOvH6Ccw
 

2006.03.09
http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2006/03/___7ebd.html

 情報漏洩など、相変わらず警察の不祥事が絶えないが、本紙に名古屋市の主婦から、警察不祥事に関するとする情報提供があった。
 1988年、名古屋市内で犯罪史上稀に見る猟奇殺人事件があった。
 臨月の若い妊婦が絞殺された上、腹部を切り裂かれて胎児を取り出した上(胎児は奇跡的に助かる)、替わりに電話機などを詰め込んでいたというもの。犯人は逮捕されないまま、2003年に時効(15年)が成立している。
 ところが、事件発生から約2年後、愛知県警が容疑者として内偵していた男が、事件現場近くの告発者を襲おうとし、その告発者は110番通報したものの、当局はその内定者を別件逮捕するため泳がせ、結果、最悪の場合、その告発者も殺害される可能性があったというのだ。
 俄かには信じがたい話ながら、告発者本人はその詳しい経緯をHPにまとめ01年から02年にかけて公表(現在は閉鎖)。その1年半余りに約7万件のアクセスがあったが(地元テレビ局CBCから取材打診のメールがあったが、その後音信を絶つ)、愛知県警は静観し、サイトの削除勧告さえしなかったという(HPにはおとり捜査の責任者として、愛知県警当局者2名の実名が明記されてもいた)。
 本紙に実名、住所、連絡先明記のメールがあり、連絡してみると本人が出た。そして、こうした警察の人権感覚のなさを広く知ってもらいたく、是非、過去ログのURLを本紙で掲載して欲しいとのこと。
 本紙としては、その信ぴょう性は確かめようもないが、そこまでの覚悟とのことなので以下、掲載する。
 なお、本紙・山岡もこの事件はよく覚えている。
 被害者はマルチ類似商法の「日本アムウェイ」(本社・東京都渋谷区)の販売員でもあった。そして、被害者のお腹のなかには、在庫していた同社の洗剤も詰め込まれていたため、販売員同士のトラブル説も囁かれ、山岡も取材したからだ。この事件は、拙書『誰も書かなかったアムウェイ』(あっぷる出版社)でも取り上げている。

●1988年名古屋妊婦切り裂き殺人事件の真相〜私は警察のおとりにさせられた〜 http://web.archive.org/web/20020203020507/http://www.geocities.co.jp/PowderRoom-Rose/8244/
(アクセス画面、左横{01}から順にクリックのこと)

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 日本の事件19掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。