★阿修羅♪ > 日本の事件20 > 260.html
 ★阿修羅♪
秋田事件続 [ひじきごはんを食べましょう]
http://www.asyura2.com/0601/nihon20/msg/260.html
投稿者 white 日時 2006 年 7 月 14 日 20:10:15: QYBiAyr6jr5Ac
 

(回答先: 彩香ちゃん不明直前に豪憲君が目撃 [毎日新聞] 投稿者 white 日時 2006 年 7 月 14 日 16:19:39)

□秋田事件続 [ひじきごはんを食べましょう]

※この投稿はあくまで情報提供が目的であり,投稿者の立場や意見,思想などとは関係ありません。

 http://blog.goo.ne.jp/hijiki1221/e/bcaecbb634d66f22f7afb0570030d927

秋田事件続
2006-07-09 18:59:46/Weblog

週刊新潮が鈴香さんを疑っている顔を装いつつ色々とほのめかしてくれている。豪憲(もう呼び捨てでいいや)の父親の手記を前後編で二週にわたって掲載したのだが…ひっかかるところが、ある。

長いが、採録してみる。

(編集部)彩香ちゃんが行方不明になったのは4月9日の午後4時頃。鈴香によると、「友達の家に遊びに行ってくる」とピカチュウの人形を持って家を出たという。

(手記)前々日の7日が豪憲の入学式でした。そして前日の8日、豪憲は彩香ちゃんの部屋で一緒に遊んでいます。夕方になっても帰ってこないので、長男に捜しに行かせました。
「ハッタの家で遊んでたよ」
戻ってきた長男はそう言いました。”ハッタ”というのは「畠山」から取った彩香ちゃんの渾名です。
「帰ってくるように言ってきて。お父さんが怒ってたよって」
それで長男が連れて帰ってきました。

彩香ちゃんの最後の姿

翌9日は私たち夫婦と長男と豪憲の4人で、早朝5時半頃からスキーの大会に出掛けていました。自宅から車で1時間半くらいのところにある「八幡平」で行われた大会です。
家に帰ってきたのが、午後2時前後。その後、長男の同級生ら4人くらいが家に来た。しばらくの間、豪憲も一緒になって家のまわりをグルグルと走り回ったりして騒いでいた。同級生らが帰ったのが5時前。それから、私と長男と豪憲で、家の前で遊んでいました。
夜になって、鈴香が訪ねてきました。
「彩香、来ていませんか?」
私たちはその時、自宅の居間にいた。妻が応対し、
「来ていませんよ」
と伝えると帰っていった。
「彩香ちゃん、まだ帰ってきてないらしいよ」
「そうか……。どうしたんだろうね」
妻とそんな話をしていると、長男が口を開きました。
「豪憲が、彩香ちゃん見たって言ってたよ」
豪憲に聞いてみると、
「彩香ちゃんの家にあった車の前にいた」
と言います。
さらに聞いてみると、スキー大会から帰ってきた後、自宅付近で遊んでいる時だということが分かった。

(編集部)おそらく、その時刻は午後4時頃だと思われる。米山さんが自宅前で長男、豪憲君と遊び始めたのは、その約1時間後である。

(手記)
その時は、鈴香の家の前に車はなかったと思うのですが……。

(引用終わり)

この米山という男、前に書いたとおりネットの仕事をしている。家にいっぱなしだ。そしてこの日はどうやら休み。

この男に午後4時から午後5時までのアリバイはあるだろうか?

なぜ「彩香ちゃん家(ち)の車の前にいた」ではなく「彩香ちゃんの家にあった車の前にいた」なのか?

この男が殺すなら、顔見知りだから彩香ちゃんは寸前まで抵抗しなかっただろう。思いもよらないことだ。

豪憲くん(くんづけできた)が父親である米山と彩香ちゃんが一緒にいるところを目撃していたら。

「お父さんが彩香ちゃんを殺したんだ!」と見抜いたら。

我が子も手にかけるだろう。男の手による殺害ならば、筋の通る遺体だ、豪憲君の遺体は。

 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ HOME > 日本の事件20掲示板


  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。