★阿修羅♪ > アジア6 > 785.html
 ★阿修羅♪
蓮池薫のウソ
http://www.asyura2.com/0610/asia6/msg/785.html
投稿者 kerogaso 日時 2006 年 12 月 26 日 08:46:08: 9br6ZD/XKVfwo
 

1年以上前ですが、以下の投稿をしました。
http://www.asyura2.com/0505/senkyo10/msg/730.html

この文章は「革命的マル共連フォーラム」という新左翼情報掲示板に投稿されたものです。
フォーラムの趣旨(新左翼関連の情報交換に限る)と外れるので、すぐに削除されましたが。

この文章を書いて投稿したのは誰なのでしょうか?いま話題になっている横井氏の文体ではないように思います。
横井氏が文体を変えて書いたものならば今回の話と同じということになりますが、そうでないならば、蓮池薫氏が横井氏以外の人物とも「帰国」以前に日本で会っていることになります。

※完全な捏造文書ならば話は別です。その可能性もあると思います。

フォーラムへの投稿内容を再度引用します。

・・・

蓮池薫のウソ
お名前: XXX
登録日: 2005年7月29日20時4分
------------------------------------------------------------------------
国会で安明進氏が、北朝鮮で蓮池薫を見たと証言したのに対して、
蓮池薫は事実無根であり、自分も妻も工作員であったことはないと声明を出しました。
もちろんこれは蓮池薫の大ウソです。彼は確かに、北朝鮮の工作員であり、工作員の中でも大物だ。
帰国以前にも、何度か秘密任務をおびて日本に潜入している
今回の蓮池薫の大ウソには政治的な意味がありますのでそれを暴露する。
まずこれは日本政府の北朝鮮に対する政治的シグナルだ。
このシグナルには二つの意味がある。
その一つは北朝鮮が一番いやがっている安明進氏の信用を失墜させることによって、
北朝鮮に恩を売っていること。
これによって安明進氏は自分の命を守るために真剣に努力する必要があることを警告する。
北朝鮮による安明進氏暗殺は現実のものとなる可能性がある。
二つめは、蓮池薫がウソをつくことによって、北朝鮮に対して、拉致被害者を帰国させても、
北朝鮮の秘密は守られるというシグナルである。このことによって拉致被害者の一部の帰国がかなり早い時期に実現する可能性がある。
では、蓮池薫と北朝鮮が守りたい秘密とは何か。
それは、蓮池薫自身が語るところによれば、自分は鵜飼いの鵜で首にヒモをつけられて魚をとらされていたというのだ。
鵜飼いが誰で、彼のとっていた魚が何であるかはいうまでもないだろう。
また、蓮池薫は朝鮮労働党の人間であり、北朝鮮国内では日本人を監督する朝鮮労働党内の部署にもおり、
そういう経緯から赤軍派の連中とも監督者として交流があった。
1986年から87年にかけて、北朝鮮の赤軍派の内部では対立があり、
分派闘争の結果、反対派の粛正があった。
この時、日本人の拉致被害者の一部も粛正の対象になっている。
これは蓮池薫と北朝鮮が一番触れられたくない事件に違いない。
しかし、秘密は隠そうとしてもいつかは明るみに出るのだ。

俺はまだ死ねない
お名前: ×××
登録日: 2005年7月29日23時31分
------------------------------------------------------------------------
俺は蓮池薫が日本に帰国する前に日本であいつに会っている。
今日、蓮池薫がああいう声明を出したせいで
今度は俺が「知りすぎた男」として殺される可能性が出てきた。
冗談じゃないっつんだよ。
俺はこれ以上何も言うつもりはないが、俺が死んだら全部明るみに出るようにしておくからな。忘れるなよ。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > アジア6掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年7月01日 06:03:12 : ubsqxr99nk : L8tnnf@OvnU[480]
安倍の嘘が百万倍以上だ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。