★阿修羅♪ > ニュース情報4 > 417.html
 ★阿修羅♪
改めて気になる叶姉妹って何なの? [ゲンダイ]
http://www.asyura2.com/0610/news4/msg/417.html
投稿者 white 日時 2007 年 2 月 19 日 15:44:38: QYBiAyr6jr5Ac
 

□改めて気になる叶姉妹って何なの? [ゲンダイ]

 http://news.livedoor.com/article/detail/3035729/

改めて気になる叶姉妹って何なの?

 またお騒がせだ。叶姉妹の“二女”晴栄が、姉妹所有の現金や貴金属など5億円相当を持ち逃げして失踪だという。初めて「3姉妹」だと知ってビックリした人も多いだろうが、そもそも叶姉妹って一体何なのか? 改めて調べてみた――。
●ニセ姉妹
 姉妹といっても血のつながりはない。長女・恭子(44)、二女・晴栄(年齢不詳=結婚引退)、三女・美香(39)という“設定”の芸能ユニットだ。恭子は大阪市、美香は愛媛県西条市の出身。当初、恭子は、「晴栄は実妹、美香は異母姉妹」と説明していたが、実父がきっぱりと否定している。かしまし娘とは違うのだ
●生い立ち
 恭子は自著で「父親は輸入業」「小学校の遠足にリンカーンで行き」「弁当は吉兆の三段重」「中学生でミンクの毛皮を着た」とゴージャスな生い立ちを語っているが、これも実父が否定している。
「恭子のミス日本の経歴も虚偽でした。事務局が完全否定しています。もっとも、妹の美香は88年ミス日本(第20回大会)の本物のグランプリ。ちなみに4年後のミス日本は、あの藤原紀香です」(芸能リポーター)
●成長
 金髪女優もビックリの豊満乳。過去のプロフィルと比較すると、恭子のバストは86センチから96センチへ、美香のバストも90センチから98センチへ“急成長”している。美香は「豊乳クリームの効果」と答えているが、デヴィ夫人には「昔のお写真に比べ、随分と顔が違っていらっしゃるけど」と別の“改造”まで疑われている。
●亀裂
 今回失跡した晴栄はバツ2、実業家との離婚をきっかけに姉妹のもとに戻ってきたが、「活躍の場はなく、付き人のような仕事をしていた」(関係者)。裏方の仕事に満足できず、姉妹に嫉妬心を燃やしていたらしい。それが今回の事件の背景だ。
●収入
 気になるのは、5億円も持ち逃げされるほどのゴージャス生活を支える費用の出どころだ。
「テレビのバラエティーにトークショー。他に試写会などのイベント出演料は、2人セットで200万円です。それだけでは足りないようで、昨年、美香がヌード写真集を出版。これが大当たりで、印税は2億円といわれる。第2弾も発売したが、こちらはイマイチです。といっても、人気豊胸姉妹には言い寄ったり、貢ぐ金持ちも多い。財産は相当なものでしょう」(芸能記者)
 女はナゾが多いほど魅力的なものだが……。
【2007年2月16日掲載】


2007年02月19日10時00分


▽関連記事

□叶姉妹 [出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』]

叶姉妹
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

叶姉妹(かのうしまい)は、叶恭子(かのう きょうこ、1962年10月7日 -)と叶美香(かのう みか、1967年9月23日 -)の2人からなるユニット。「トータルビューティーアドバイザー」「トータルライフアドバイザー」を自称するが、その実態は本人たち以外には窺い知ることはできない。

※メンバー※

【叶恭子】
本名小山恭子。大阪市東成区出身。樟蔭東高等学校中退。身長168cm、B96cm、W56p、H90cm。血液型O型。

叶姉妹では姉(長女)の設定。「美香には少し厳しいが、全ての世話を美香にやらせており美香がいなくなると困ってしまう」というように、奔放で世間知らずな姉の役。
高校中退後、様々な職種を経て、本名の小山恭子の名でファッションモデルとして活動。
モデル名鑑によるとオスカープロモーションに杉本エルザという芸名で所属していた(本人は否定)。当時の活動は、エキストラとして以外は特に経歴に残るものはない。
1984年頃から叶恭子と名乗り始め、グラビアやカラオケビデオなど、肌を露出した仕事を始める。
 

【叶美香】
本名玉井 美香。愛媛県西条市(旧:東予市)出身大阪府松原市育ち。明浄学院高等学校、夙川学院短期大学児童教育学科卒業。身長170p、B98cm、W58cm、H91cm。

第20回1988年ミス日本グランプリ。
小学校教諭二種免許を所持している。
高校時代、本名である玉井 美香の名で阪神タイガースを応援する番組「週刊トラトラタイガース」に番組アシスタントとして出演。
1988年、日本テレビ系の深夜番組「11PM」のカバーガールとして月曜日にレギュラー出演。
その後、某プロデューサーの肝煎りで玉乃ヒカリと改名、グラビアアイドルとして活動していた。当時もテレビ出演などの経験があり、新人としてはそこそこ売れていた(叶恭子に比べれば、芸歴では圧倒している)。
叶姉妹では奔放な姉のフォローをするしっかりものの妹(三女)の役。恭子と一緒に出演するだけでなく、単独でのテレビ番組出演も多い。傍若無人ともとれる姉の行動に振り回されることもしばしばだが、それをよくテレビでネタにするなど、したたかな性格でもある。
2000年、映画「サルサ」の主題歌を日本語でカバーしたシングル「サルサ!アマイエクスタシー」をインディーズよりリリース(製造元は東芝EMI)。恭子が作詞を担当。オリコン初登場152位、2週目176位。
2004年、スーパービューティーミカリン+K with キューティーモンすたーズ名義で「O・SU・SO・WA・KE〜プルプルンのキュッのボン!〜」をリリース。自身が出演していた教育番組『モンすたージオ』テーマソングの他、DHCのCMソングとしてもオンエアされた。恭子が振り付けを行った。
2006年4月3日、美香を被写体に恭子がカメラマンとして撮影したという触れ込み(実際に撮影したのは素人の恭子ではなく、写真集やDVDのパッケージなど叶姉妹関連の仕事の多いカメラマンの大川直人によるもの)のヘアヌード写真集「Sweet Goddess」が発売された。男性はもとより女性にも広く支持され、20万部を突破するベストセラーとなる。

※ 過去のメンバー※ 

【叶晴栄(かのう はるえ)】
本名不詳。「はるゑ」の表記もあり。
次女(の設定)。恭子の実の妹。 
デビュー当初からしばらく3人で活動していたが、結婚を理由に脱退。2000年に離婚後は、姉妹のマネージャー役を務めている。恭子らが「3人での活動もあるかも知れない」と発言し、復帰も噂されたが、現在までにそうした活動はない。
2007年2月9日放送回の「おはよう朝日です」(ABCテレビ)で芸能レポーターの井上公造が、晴栄は恭子の3億円以上する10カラットのダイヤの指輪、ダイヤが散りばめられた時計や他のジュエリーを付けたまま姿がわからなくなり、恭子が警察署で捜索のために相談していると語った。その後、「女性セブン」誌の報道を機に晴栄の失踪は広く知られることとなった。各種報道機関によって「叶姉妹が宝石や衣装保管の為に借りた家賃60万円のマンションに住んでいた」「そのマンションに保管してあった宝石・高級家具など5億円相当を持って逃げた」「現在消息不明」「警察に被害届けが出された」ことが報道され、世間の注目を集めている。

※職業※

本人達は「トータルビューティーアドバイザー」「トータルライフアドバイザー」と自称する。本人達によると、普段、皆が行っている事を叶姉妹らしくするというもので、ユニット名である「叶姉妹」は自分達の職業の名前でもあるという。 


※特徴※

2人は設定上は異父姉妹だが、実際は姉妹でも異父姉妹でもない。まれに誤解されるが、叶姉妹は芸能ユニットであり、メディアでの行動や発言は、あくまで商業上の設定に基づく職務として行っているものである。
もともとは個別にそれなりに芸能活動をしていたが(後述)、注目を浴びるようになったのは雑誌『25ans』のスーパー読者として登場した事から。芸能活動自体が無名に近かった為、「素人・一般人」という設定が無理なく受け入れられた。写真集、ハウツー本、エッセイなどの書籍類も出版している。
キッズステーションで放送される小児向け教育番組『モンすたージオ』にCGキャラクター「スーパービューティー」として出演。「ココ」(恭子)と「ミカリン」(美香) 
DHCのCMキャラクターとしても活動中。同社の会誌などにも美香が時折掲載される。 
ユニット結成当初は「三人姉妹」であった。恭子と美香の間に次女 ・晴栄(はるゑ)がおり「叶三姉妹」として取りあげられていた。結婚を理由に脱退したが2000年に離婚。現在は2人のマネージャーをしている(晴栄は恭子の実の妹)
ゴージャスな衣服を身にまとい、豪遊しているが芸能活動以外の収入源が謎だということを宣伝することにより、「個人スポンサーが付いているのではないか」「海外セレブ相手の高級娼婦ではないか」という設定が、バブル崩壊後のデフレや質素倹約が叫ばれる世情の中で非常に目立ち、よく受け入れられた。「お金持ちの芸能人」という分かりやすいキャラクターを提示したことが、成功の秘訣だったと言われる。またそれに尾ひれがつき「セレブを1回相手するだけで200万円前後貰っている」「石油王がパトロンだ」など詳細な事が囁かれ始め、イメージダウンするどころか、今までに無い不思議さに一気にブレークした。余談であるが、本人達に「収入源は?」と聞く事は芸能界におけるタブー(野暮な事)となっている(と言うよりは執拗に問おうとする芸能人がいない)。 
実際は、衣服や宝石などは、その企業が広告主となって宣伝のために提供している。これを叶姉妹が「自分で選んだ」という設定で宣伝している。彼女らが自称する「トータルビューティーアドバイザー」「トータルライフアドバイザー」を分かりやすく言い換えれば、巧妙な宣伝・広告のためのモデルである。 
「殿方の」を「メンズ」と呼ぶ。その中でも特別に容姿端麗な男性の事を「グッド・ルッキング・ガイ」と呼んでいる。日本人が和製英語を使う中で、こういった英語表現も、雰囲気作りに一役かっており、記号化された叶姉妹らしさといえ、魅力のひとつと言える。
2人とも抜群のスタイルとゴージャスな装い、若干浮世離れした言動が特徴で、男性のみならずライフスタイル自体を崇拝する女性からも支持される。ただその人気の一方で極端なゴージャス指向を「気持ち悪い、海外セレブを真似ただけ」と受け止める人も少なくはない。また完璧すぎるスタイルは「豊胸サイボーグ」と言われる。2002年7月に青山で開催されたファッションブランド「プレイボーイ」のパーティーに参加。その際フローラン・ダバディーが「どんな姿勢になっても、動かない胸を持つ、叶姉妹。大和にもロボット(ここでは「人工的に作られた美しさを持つ女性」の意味)がいた。」と評している。常々、整形疑惑は絶えず、ネット上で過去と現在の写真を比較するサイトまである。
テレビ番組などに出演を始めた当初は「親が大変なお金持ちであるため、ゴージャス」という設定を使っていた。これはアメリカで注目されているヒルトン姉妹の日本版ということで叶姉妹を売りたかったためと思われるが、この設定を本気にした多数の人間が二人の実家におしかけ、寄付を求めたりセールスをしたりと大変な騒ぎになったため、この設定は封印された。実際の二人の両親は、普通の生活水準である。
テレビ番組に出演する事も多く、映画の試写会にはなぜかよく招待されていることが多い。テレビに出演するとき、夏でも冬でも常に露出度の高いノースリーブで出演している。
近年は“姉妹”である事を強調するが、テレビに出始めの頃は恭子が「姉妹でも異父姉妹でもありません、それっていけない事ですか?」と笑いを取っていた。
ゴージャス指向の言動に反感を買う事があるものの、2人のトークは他人を馬鹿にする内容ではなく、自分たちの日常生活などの話で笑いを取っており、一部の人々からは最近の他人を見下して笑いを取るタレントが多い中では感心されている一面がある。また、一般人だけでなく、それ以上に豪華な生活をする芸能人でさえ、彼女達の日常生活や身の上話に興味津々である。
それまで“セレブ”という言葉に馴染みの無かった日本人に、セレブという言葉の意味を知らしめた人物である。但し「ただお金持ちの人」という日本特有の意味合いを知らしめただけで、本来のセレブの定義を定着させた訳では無く、強いて言えば誤解を生じさせた。また本人達はセレブと言われるが、本来の意味合いを知る人からすれば、疑わしい面があるのが事実である。 

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > ニュース情報4掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年9月06日 00:21:39 : k6qdheHm1g : P23veF3223o[47] 報告
実際の年齢はみんな50歳くらいに見える。もうゲテモノにしか見えないが。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。