★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK28 > 1122.html
 ★阿修羅♪
来年の参議院選挙で自公政権を倒せるか(天木直人)【展望社:天木・筆坂熱血インターネット対談】
http://www.asyura2.com/0610/senkyo28/msg/1122.html
投稿者 天木ファン 日時 2006 年 12 月 11 日 10:13:57: 2nLReFHhGZ7P6
 

来年の参議院選挙で自公政権を倒せるか
天木直人

 「官製談合と企業献金」の中で筆坂さんが述べている事に私も同感だ。自民党政権の政策は、つまるところ、米国の要求と日本の大企業の利益実現、これを最優先し、そのしわ寄せを弱者である国民に押し付ける政策である。
私が敢えて安藤前宮崎県知事を応援するのも、道路財源の一般化に反対するのも、それが自民党政権の巨悪隠しと見るからだ。ここに来て、味噌も糞も一緒にして、日本中の知事が談合まみれだと大騒ぎをし、自分たちの責任から国民の目をそらす。談合を放置してきたのは誰だ。地方をここまで疲弊させたのは誰だ。
「不必要な道路を作らせない」と一般財源化の正当性を強調する。それが改革を後戻りさせないことだという。道路建設を縮小し財源が余るのであればそれを納税者に返せば良いだけの話だ。それを一般財源化して他の目的に使うのは増税だろう。これは詐欺だ。
 自民党の悪政は、談合や大企業優遇政策だけではない。年金改革の不徹底、医療保険の改悪、国民の知らないところで約束されて膨大な米軍再編への資金協力、手つかずのまま放置される膨大な特別会計、贅沢な議員宿舎の建設などなど、眩暈がするほどの強者優遇、弱者いじめが続く。
 問題はこれほどまでに弱者いじめを繰り返す自公連立政権を、それでも選挙のたびに国民が支持し続けるという現実である。筆坂さんは来年の参議院選挙を見ておれと締めくくる。しかし私は自公連立政権を破る事は容易ではないと思う。
その理由の一つは政権を握ってそれを最大限利用する自公の強さを侮ってはならないということである。もう一つは野党の非力である。野党第一党である民主党の非力は勿論であるが共産党、社民党の離反も国民にとって救いがたいものがある。誰かが怒れる国民を立ち上がらせなければならないのである。

http://www.tembosha.com/kd_diary/kd_diary.cgi?20061209

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ       HOME > 政治・選挙・NHK28掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。