★阿修羅♪ > カルト4 > 359.html
 ★阿修羅♪
鼓動/サッカー 統一協会主催のピース杯/破格賞金は霊感商法?(しんぶん赤旗)
http://www.asyura2.com/07/cult4/msg/359.html
投稿者 熊野孤道 日時 2007 年 6 月 15 日 15:51:50: Lif1sDmyA6Ww.
 

(回答先: 清水に辞退要請「ピース杯統一教会主催」 [日刊スポーツ] 投稿者 white 日時 2007 年 6 月 08 日 17:47:28)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-06-09/2007060911_01_0.html

2007年6月9日(土)「しんぶん赤旗」

鼓動
サッカー 統一協会主催のピース杯
破格賞金は霊感商法?

--------------------------------------------------------------------------------

 「2007ピースカップコリア」――。日本では聞きなれない韓国の国際サッカー大会は、Jリーグの清水エスパルスの参加表明で、その“知られざる”実像が浮かび上がってきました。

 2003年から2年に一度、南米、欧州のクラブを集めて開かれている同大会は、集団結婚式や霊感商法で社会的に批判を浴びる宗教法人世界基督教統一神霊協会(統一協会)が事実上、主催しています。

 正式な大会主催者は、「鮮文(ソンムン)平和サッカー財団」。これはその名の通り、統一協会教祖の文鮮明が設立したもの。財団理事長は同協会ナンバー2の郭錠煥という人物です。「ピースカップコリア」自体も、「心情文化平和世界のための一連の活動」(統一協会月刊機関誌『ファミリー』2003年8月号)と文鮮明自身が語っている通り、まさに、統一協会による、統一協会のための大会です。

 異常なのはその賞金額です。総額(03年大会)は1000万ドル(約12億円)。優勝賞金は今回も200万ドル(約2億4千万円)と巨額です。年末に国際サッカー連盟(FIFA)が主催する世界クラブ選手権の優勝賞金450万ドル(5億4千万円)と比べても、破格といっていいものです。

 問題は、この大会運営を支える資金の出どころです。

 統一協会は「先祖の供養」などとして、つぼや印鑑を不当に高い金額で売りつける霊感商法を、いまも続けています。この商法は裁判でも違法と指摘され、損害賠償を命じる判決も多い。その被害金額は、全国霊感商法対策弁護士連絡会に持ち込まれたものだけで、20年間に963億円に上っています。

 同連絡会では「霊感商法をやっているのは日本だけ。韓国ではできない」とし、「これら(ピースカップコリアの賞金など)の資金のほとんどは、日本の善良な市民から違法に奪い取ったもの」と指摘しています。

 つまり、霊感商法による日本の被害者の犠牲の上に、この大会が運営されているのです。そういう大会に、Jリーグのクラブが出場する――そのことへの見識が、いま問われています。

 実は、統一協会のスポーツ界への進出はこれにとどまりません。その豊富な資金を背景に、韓国プロサッカーリーグ(Kリーグ)の城南一和をつくり、そのオーナー職に協会ナンバー2の郭錠煥が就いています。さらに現在はKリーグの会長にまでおさまっています。

 教祖の文鮮明はこう語っています。「今から、オリンピック大会も、FIFA(国際サッカー連盟)も、サッカー競技も、わたしの手で消化(主催するの意)するでしょう」(『ファミリー』(03年9月号)

 彼らの組織の権威を高めるため、スポーツの利用価値がいかに大きいかを物語っています。

 日本サッカー協会は、フェアプレーを試合の中だけでなく、社会に生かしていくための「行動規範」を持っています。

 「社会の一員として、責任ある態度と行動をとる」「スポーツの健全な発展を脅かす社会悪に対し、断固として戦う」

 統一協会は、表向きは宗教の看板を掲げてはいるものの、実態は霊感商法に代表される反社会的なカルト集団です。その団体が主催する大会への参加は、この面からも再検討されるべきです。(和泉民郎)

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > カルト4掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年6月25日 11:03:38 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[1567] 報告
日本代表、コパ・アメリカ敗退決定 エクアドルと1-1ドロー…得失点差で8強進出逃す

6/25(火) 9:55配信

Football ZONE web

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190625-00199318-soccermzw-socc.view-000
得失点差で及ばず、決勝トーナメント進出を逃した日本代表〖写真:AP〗


同点の終盤はゴール前に攻め込むものの、勝ち越し点は奪えず

 日本代表は招待参加している南米選手権(コパ・アメリカ)のグループステージ最終戦、現地時間24日のエクアドル戦に臨み、前半15分にMF中島翔哉が先制点を挙げるも同点ゴールを許し、決勝点を奪えず1-1で引き分けて敗退が決まった。

⁅動画⁆久保建英がペナルティーエリア内でパスを受けて左足一閃! 強烈な一撃がエクアドルのゴールを強襲
https://www.football-zone.net/archives/199301/3?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=199318_6
 勝ち点1で迎えた日本は、勝利のみ決勝トーナメント進出という背水の陣での試合になった。森保一監督は第2戦ウルグアイ戦から10人のスタメンを継続させ、MF安部裕葵が務めたトップ下にMF久保建英が入った。

 日本はエクアドルの前線からのプレスに手を焼く立ち上がりになったが、中盤までつなげればスペースを生かした。そして前半15分、久保のスルーパスにFW岡崎慎司が反応すると、前に出た相手GKのクリアボールを拾った中島が無人のゴールに蹴り込んだ。一度は岡崎がオフサイドと判定されたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の確認でオンサイドと認められ、日本の先制点となった。

 同23分に日本は自陣ペナルティーエリア内でGK川島永嗣がパスミスでボールを失うという冷や汗をかいたが、川島が自身でファインセーブを見せて事なきを得た。しかし同35分、右サイドからのクロスを頭で合わせられると、川島が弾いたボールをFWアンヘル・メナに押し込まれて同点。日本はリードを維持できず1-1でハーフタイムを迎えた。

 後半に入ると立ち上がりはエクアドルに攻め込まれる時間が続いたが、日本は失点せずにゲームを進めた。しかし、なかなか苦しいリズムを脱することができない展開で森保監督は後半20分、岡崎に代えてFW上田綺世を投入した。すると投入直後に上田は立て続けにゴール前でのシュートチャンスを得たが、相手のブロックやボレーシュートが枠外に飛ぶなど勝ち越しゴールには至らなかった。

 試合終盤に差し掛かるにつれてエクアドルのゴール前へ攻め込む場面を増やした日本だが、念願の決勝点は奪えずに1-1で終了。この結果、日本は勝ち点2でグループCの3位に入ったものの、B組3位のパラグアイと同勝ち点ながら得失点差で及ばず、決勝トーナメント進出を逃した。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190625-00199318-soccermzw-socc

  拍手はせず、拍手一覧を見る

★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。