★阿修羅♪ > 不安と不健康13 > 483.html
 ★阿修羅♪
Re: 「だったら、お前がやれよ」としか感じない   について。
http://www.asyura2.com/07/health13/msg/483.html
投稿者 茶々 日時 2007 年 12 月 24 日 21:15:08: 6YmOfrLmcqc3Q
 

(回答先: 「だったら、お前がやれよ」としか感じない   について。 投稿者 どっちだ 日時 2007 年 12 月 23 日 21:11:45)

どっちださん、こんにちは。
いつも医療問題に関する貴重な情報を、ありがとうございます。

で、どっちださんは私のことを、

>崩壊板に投稿なさるほどの認識をお持ちの茶々さんと、

と認識されているようですが、そんな出来のいい人間ではありません。

私は両親を始め、もうかなりの人数の家族や親戚を亡くしました。
病死、事故死、自殺、さまざまです。

父が、既にかなり進行している癌とわかった時、主治医の先生から、
成功するかどうかはわからないが、手術するか、と家族みんなを呼び
出して言いました。今の病状や、手術の際にやることをすべて私を含
めた家族に説明しました。私たちは同意し、手術してもらいました。

手術は確か13時間くらいかかりました。その手術は無事に終えたものの
しばらく経って転移したことがわかり、結局父は亡くなりましたが、
その時手術をしてくれた先生方はベストを尽くしてくれたと思っています。

だから、この「なんちゃって救急医」さんのブログを読むと違和感を
感じるのです。

新しく「死の意味を考える」というエントリーがありました。
これです。
http://blog.so-net.ne.jp/case-report-by-ERP/20071223T

この方も含め、今ブログを書いておられるような医師の方はどうしても
「患者の死」としてとらえがちのように思います。でも、例えば父を
亡くした遺族にとっては「お父さんの死」です。これはかけがえのない
ものだし、もう戻ってこないのだから、その唯一無二の存在を永遠に
喪失した悲しさに対するケアが必要であると思います。

ただ、この中で、加藤医師の裁判に関する記録は酷いですね。必要なのは
「ケア」であって「謝罪」ではないと思います。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 不安と不健康13掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。