★阿修羅♪ > マスコミ・電通批評7 > 487.html
 ★阿修羅♪
赤旗、“2分短縮”に巨額税金、市田書記局長が指摘、「道路中期計画」のムダ
http://www.asyura2.com/07/hihyo7/msg/487.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2008 年 1 月 24 日 19:16:47: 4sIKljvd9SgGs
 

(回答先: 日本自動車連盟(JAF)、クルマの税金の一般財源化には反対、(増税状態を解消し)本来の税率に戻すべきです。 投稿者 小沢内閣待望論 日時 2008 年 1 月 24 日 18:49:51)

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-01-22/2008012201_04_0.html

2008年1月22日(火)「しんぶん赤旗」

“2分短縮”に巨額税金
市田書記局長が指摘
「道路中期計画」のムダ

--------------------------------------------------------------------------------

 政府・与党がガソリン税などの道路特定財源の税率を引き上げている暫定税率を今後十年間維持する方針をとる根拠にしている「道路の中期計画(素案)」は、一見したところでもムダばかりです。二十日のテレビ討論番組では、日本共産党の市田忠義書記局長が、ムダの象徴的な例を紹介しました。

 市田氏が紹介したのは、計画の総額・五十九兆円のうち二十四兆円(約四割)を占めている「国際競争力の確保」。この中の「基幹ネットワークの整備」には、「拠点的な空港・港湾からICへのアクセス改善」という項目が含まれています。

 ここでは、拠点空港・港湾(七十一カ所)から高速道路のインターチェンジに十分間以内にアクセスすることができない所が二十二カ所あるとして、このうち十五カ所について改善を図るとしています。

 しかし、改善の対象とされる港湾を調べると、いまでも八カ所は十二分〜十八分でアクセスが可能です。(表参照)

 市田氏は同日のテレビ番組でパネルも示しながら「十二分のところを二分縮めて“国際競争力の強化だ”と、(与党は)そういうことも含めて五十九兆円(が必要だと)。そのために暫定税率維持だといっている」と批判。十年間で、五十九兆円も道路整備に使うという“総額先にありき”の同計画を撤回することが求められていることを示しました。

 自民、公明の与党は計画に含まれている「開かずの踏切」対策など身近な道路整備をさかんに宣伝していますが、必要な道路整備は、市田氏が指摘したようなムダをなくせば、暫定税率を廃止し、道路特定財源を一般財源化してもすすめることができます。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > マスコミ・電通批評7掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。