★阿修羅♪ > ホロコースト4 > 258.html
 ★阿修羅♪
バチカン、ホロコースト追悼式典欠席か(コリエレ紙) 博物館のコメント書換要求
http://www.asyura2.com/07/holocaust4/msg/258.html
投稿者 kamenoko 日時 2007 年 4 月 12 日 20:54:45: pabqsWuV.mDlg
 

バチカン、ホロコースト追悼式典欠席か(コリエレ紙)

 ホロコースト博物館のキャプションに抗議

 駐エルサレム教皇庁大使、ピオ12世の評価に対する抗議の
 印として”メモリアルデー”不参加を表明か

エルサレム発
イスラエルとバチカンで外交衝突。 アントニオ・フランコ
駐エルサレム教皇庁大使は、4月15日ヤド・バシェムで行われる
ホロコースト殉教者、英雄に捧げる”追悼の日”式典に不参加を
表明。オンライン日刊紙Yediot Ahronoth(Ynet)は、ホロコースト
博物館にあるピオ12世の写真に、ユダヤ人殲滅を前にした教皇庁の
態度が”あいまいだった”とのキャプションがつけられたことに
対する抗議の印と伝えた。

 写真

バチカンが抗議したキャプションの添えられたピオ12世の写真は、
エルサレムのホロコースト博物館に05年から展示されているもの。
06年初頭に前大使がキャプション変更を要求すると、博物館の
責任者はバチカン側が第2次世界大戦中のピオ12世に関する
アーカイブ庫に専属調査員を派遣すれば(キャプションの)精査に
取り掛かると回答。 派遣がなかったためにキャプションの変更も
なされなかったという経緯がある。

 欠席の可能性

追悼式典には駐イスラエル外交官すべてが出席を予定しており、
”大使が出席しないなら、その不在は目立つだろう”、”これは
非常に繊細な問題で、徹底的に調査されるべき。外交官全員の
出席は、我々にとって非常に重要なことだ。加えてイスラエルは
バチカンとの良好な関係を望んでいる”とイスラエル外務省高官は
Ynetにコメントした。しかしながら同高官はこう結ぶ。”歴史を
変えることはできない。ある特定の人々がユダヤ人をホロコースト
から助ける事ができなかったことは事実である。国家として
ホロコーストの責任を認めた国、そうしなかった国がある。
バチカンはユダヤ人殲滅に直接は関与しなかったものの、
教皇の態度には疑問符がつく”。

 公式回答

一方ヤド・バシェム側は公式声明において、”イスラエルに
おけるバチカンの代表者がホロコースト追悼を尊重しない選択をし、
イスラエル国家と国民がユダヤ人犠牲者を悼む公式行事に参加
しないと知り、ショックと落胆が隠しきれない。 これはローマ
教皇がヤド・バシェム訪問の際に行った、ホロコーストを記憶
し続ける重要性についての宣言と相反する”と表明した。

07年4月12日

http://www.corriere.it/Primo_Piano/Esteri/2007/04_Aprile/12/shoah_vaticano.shtml

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > ホロコースト4掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。