★阿修羅♪ > ホロコースト4 > 259.html
 ★阿修羅♪
バチカン大使:「不快感を覚える。尽力した証拠、相対する解釈がある」
http://www.asyura2.com/07/holocaust4/msg/259.html
投稿者 kamenoko 日時 2007 年 4 月 13 日 02:58:41: pabqsWuV.mDlg
 

(回答先: バチカン、ホロコースト追悼式典欠席か(コリエレ紙) 博物館のコメント書換要求 投稿者 kamenoko 日時 2007 年 4 月 12 日 20:54:45)

バチカン大使:「不快感を覚える。尽力した証拠があるのに」

レップブリカ紙より、アントニオ・フランコ在イスラエル教皇庁大使の
コメントを抜粋:


「ヤド・バシェム(ホロコースト記念館)館長に手紙を書いた。我々の
 側に存在する困難を、既に昨年訴えていることを説明する内容だった。
 その手紙に対する回答は、イスラエル数紙が今日伝えているように
 歴史の事実は変えられないというものだった。 事実は変わらない。
 しかしかかる件については、多くの歴史的事実、とりわけ別の解釈で
 編まれた歴史記述では反対の解釈がなされている。

 ヤド・バシェムを訪れてピオ12世があのように紹介されているのを
 目にするのは不快感を覚えると手紙に書いた。 
 また当然のことながら、ユダヤ民族に対して行ったことを恥ずべき
 人物たちの真ん中に教皇を据える事はできない。 歴史資料から
 浮かび上がってきたピオ12世によるユダヤ民族を救う尽力は、決して
 恥ずべき事ではない」。

 Tzipi Livni イスラエル外相
 「ヤド・バシェム式典の最後に、ユダヤ民族のまた人類の歴史上
  最もトラウマティックな出来事であったショアーの犠牲者の名誉を
  讃える。 式典出席者は、それぞれの良心に従って行動する」。


Protesta del nunzio apostolico in Israele
contro biasimo verso Pio XII sulla Shoah
http://www.repubblica.it/2007/04/sezioni/esteri/nunzio-protesta/nunzio-protesta/nunzio-protesta.html

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > ホロコースト4掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。