★阿修羅♪ > 雑談専用25 > 488.html
 ★阿修羅♪
手法の違いではなく、方向性の違いですよ。
http://www.asyura2.com/07/idletalk25/msg/488.html
投稿者 考察者K 日時 2007 年 8 月 11 日 08:22:52: JjkI8nWTpj0po

(回答先: テロ特措法延長に反対するだけでも大きな違いです。 投稿者 ワヤクチャ 日時 2007 年 8 月 10 日 23:26:53)

ワヤクチャさん どうもです。回答には感謝いたします。

「チリも積もれば山となる」という言葉もあります通り、小さな差異も「見逃さない」で考えましょう。と云う意見はあるでしょう。でも、それは「手法の差」であり、「方向性の違い(=対立軸)」ではないのでは?

Kが回答するなら、民主党には「社民党(もしくは国民新党)の意見に耳を傾ける余地・度量があるでしょう」的な事を書きますね。

それが、全くといって良いくらいになかった自民党は、実例として「郵政民営化反対派議員をたたき出しました。」

「意見の違う者の意見に耳を傾けずに排除する」と云う姿勢こそが最大の問題なのだろうとKは思います。

自民党だって苦しい時には社会党と一緒になったし、公明党と連立したという実例もありますし、選挙対策の一環でしょうが「郵政民営化反対議員」を復党させました。

実際問題として「旧社会党」から「自民党の落ち武者」で構成される民主党は「左派、右派ごちゃ混ぜ政党」でしょう。実はこれは「自民党」も同じです。自民党も「左派から、右派までの支持思想の持ち主が、自分の政策を実現する手段として政権与党の自民党を選んだ結果」の集大成の党なのです。「左派、中道、右派ごった混ぜ政党」と云う事ですね。

で、問題は「左派のための政党はあるが、右派のための政党はない」と云う点です。
まあ、極左や極右まで行くと「政党政治」では受け入れられないでしょうが、ともかく右派のため政党はありませんから、自民や民主といった「ごった混ぜ大所帯政党」は「党員の比率で右派に傾く」と云う傾向になります。

で、何だと言うと、それだけです。
ここまでで、Kの言いたい事が分かるなら「方向性」は見えるはずです。

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 雑談専用25掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。