★阿修羅♪ > IT10 > 357.html
 ★阿修羅♪
携帯メール・通話履歴 削除しても残り警察が解析。本当は携帯ではなく本局のデータか?
http://www.asyura2.com/07/it10/msg/357.html
投稿者 たけしくん 日時 2008 年 3 月 06 日 12:39:33: IjE7a7tISZsr6
 

携帯で“足” 警察、2万台超のデータ解析 07年
2008/03/05, , FujiSankei Business i., 21ページ,

 ≪05年の1・6倍に≫

 昨年1年間に全国の警察が事件捜査のために押収するなどしてデータ解析をした携帯
電話が2万507台に上ったことが4日、警察庁のまとめで分かった。統計を取り始め
た2005年と比べ1・6倍に急増。消去されたデータから殺人事件の解決に結び付い
たケースもあり、携帯電話の解析は事件捜査の重要な手法となっている。

 証拠隠滅のため、携帯を破壊したり、メールや画像、通話記録などを消去したりする
ケースが多く、警察庁は昨年から消去されたデータを復元する手法などをまとめたマニ
ュアルを作成。捜査現場で技能向上のために利用できるようにしており、年間の解析数
も今回初めて明らかにした。

 警察庁によると、携帯の解析数は05年には1万2865台、06年は1万7675
台だった。

 ≪殺人事件解決≫

 昨年1月に宮城県で起きた母子殺人事件では、母親=当時(36)=が首をつった状
態で見つかり、当初は無理心中とみられていたが、携帯電話のメールが不自然に削除さ
れていることが発覚。

 交際していた男が、被害者との関係を隠すため殺害後に消去していたことが分かり、
殺害時刻の特定や男の逮捕にこぎ着けた。

 携帯電話をメモ帳代わりに利用する人も増えており、行動確認の資料としても重要性
を増しているという。

 また、交通事故後に出頭した人物の携帯の着信記録を調べ、知人に依頼されて身代わ
り出頭していたことが判明したケースもあった。

 警察庁はパソコンなど電子データの解析を行うため1999年に解析担当課を設置。
捜査に活用するための研究を進めている。
                   ◇
 ≪データ修復にも手間…担当者「日々訓練が必要」≫

 携帯電話のデータ解析は事件捜査に不可欠なものとなっているが、多くのデータは故
意に消去されており、解析には経験と知識が必要だ。

 薬物密売人など常習的な犯罪者は、通話のたびに消去するといい、警察庁の担当者は
「後ろめたいことをしている人間は故意にデータを消す」と指摘する。

 NPO法人(特定非営利活動法人)デジタル・フォレンジック研究会の萩原栄幸理事
によると、携帯電話は電話会社やメーカー、機種によって基本ソフト(OS)やファイ
ル形式が異なっており、パソコンに比べて修復に手間がかかる。

 さらに、逮捕間際の犯人は携帯電話を折ったり、水没させて電源が入らなくするなど
激しく抵抗することがあり、警察庁の担当者は「相手も必死。解析には苦労しているが
、日々訓練し技能を磨いていくしかない」と話す。

 電子データの解析は、オウム真理教事件の捜査でも成果を上げた。滋賀県警が199
5年3月に信者の車から押収したディスクに大量の機密文書が保存され、分析してサリ
ン製造を解明。警察が解析に力を入れるきっかけの一つともなった。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > IT10掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年10月27日 21:27:20 : vwM1JGRxyI
本局のデータだべ。

最近は通信の秘密なんぞは無く手紙で言うと勝手に開封して中読んでるような事してるね、警察。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。