★阿修羅♪ > ニュース情報6 > 362.html
 ★阿修羅♪
お見事! 医師国家試験に合格/大津の女性、聴覚障害で全国初(京都新聞)
http://www.asyura2.com/07/news6/msg/362.html
投稿者 gataro 日時 2008 年 3 月 29 日 21:20:34: KbIx4LOvH6Ccw
 

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2008032800237&genre=G1&area=S00 から転載。

お見事! 医師国家試験に合格
大津の女性、聴覚障害で全国初

医師国家試験に合格し、喜びとこれからの目標を語る竹澤さん(大津市・滋賀医科大)

 今春、滋賀医大を卒業した聴覚障害がある竹澤公美子さん(25)=大津市=が28日、医師国家試験に合格した。同医大によると、2001年の医師法改正で視聴覚障害などの欠格条項が廃止されて以降、全国初の合格者。耳鼻科医を目指し、「1人1人の患者さんに丁寧に向き合える医者になりたい」と前を見据えた。

 午後2時すぎ、インターネットで合格を確認した後、すぐ兵庫県に住む母親に連絡した。2歳の時、娘が聴覚障害だと知って涙した母。「聴覚障害のある人の中だけで生きていくのではないから」と、手話ではなく相手の唇の動きを読む「口話」を勧めてくれた母。「ここまで育ててくれてありがとう」。知らせに喜ぶ母を思い、胸がいっぱいになった。

 医師法が改正された01年に同医大に入学したが、2年から専門課程を学び始めると、講義について行けなくなり、1年間留年した。1番つらい時期だった。医者になるのをやめようと思ったこともあった。

 周囲の人たちが支援してくれた。教師たちは、唇の動きが見やすいように教室を明るくしたり、前を向いて話すよう配慮し、詳細な授業内容を記した資料も配った。同級生たちは、講義のノートを貸して励ましてくれた。

 全国に4人いる聴覚障害のある医学生と知り合い、医師を目指す聴覚障害者にアドバイスするホームページも立ち上げた。病院実習で出会った聴覚障害のある患者には1年後に再会して感謝された。「私を医者にしようとしてくれた人の支援が1番力になった。7年間学んでこれたのは1人の力ではない」

 大学卒業後2年間は、病院で研修を行う。耳鼻科医が目標だ。この日、記者会見で「合格はゴールではなく通過点。研修で基礎をしっかり学びたい」と力強く語った。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > ニュース情報6掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。