★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK30 > 1276.html
 ★阿修羅♪
慰安婦決議案について米下院議員にメールやFAXを送ろう! (英文見本あり)
http://www.asyura2.com/07/senkyo30/msg/1276.html
投稿者 TORA 日時 2007 年 2 月 20 日 14:05:02: CP1Vgnax47n1s
 

(回答先: 河野洋平は早々に議員を辞職し、自らの誤れる「談話」を世界に向けて陳謝し、声明を発するべきである。「博士の独り言」 投稿者 TORA 日時 2007 年 2 月 20 日 14:01:05)

◆アメリカ議会での「慰安婦」非難に対してーーホンダ議員への直訴は 2月11日 古森義久
http://komoriy.iza.ne.jp/blog/

アメリカ議会下院国際関係委員会が日本のいわゆる「従軍慰安婦」問題に関して、日本政府に謝罪を求めるという趣旨の公聴会を2月15日に開く予定です。
予定される証人はみな反日勢力の代表です。日本の立場を主張する証人も、中立の立場の証人も、いまのところ予定されていません。
そもそもこの問題をなぜアメリカの議会がいま取り上げる権限があるのか。アメリカの政府も裁判所もみな、もう解決ずみとみなす案件なのです。日本側としてはそもそもこの公聴会を主導する民主党のマイク・ホンダ議員が述べるような「セックス奴隷」とか「日本軍が20万人の女性を強制徴用」の事実がないことを主張すべきでしょう。

日本からでもホンダ議員にメッセージを送ることは簡単です。人種や国籍を問わず、弱者の言い分はきちんと聞く方針を標榜するリベラル派の政治家ですから、日本側の見解もきっと真剣に受け止めてくれることでしょう。ただしメッセージは英語でないと効果がありません。
ホンダ議員の連絡情報を以下に書きます。

Rep. Mike Honda
(国民の選良ですから、敬意を表して以下の呼びかけがベターです)
Honorable Mike Honda

email:mike.honda@mail.house.gov

fax:202-225-2699(Washington)
408-558-8086(California)

なおこの種の第二次大戦にからむ賠償問題は対日講話条約にともなう取り決めにより当事国の政府間ですでに解決済みというのが国際条約上の合意です。


◆慰安婦決議案に反対してくれそうな米下院議員にメールを ぼやきくっくり
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid234.html

※※※メールを送る際の手順や注意事項※※※

 メールの書き出しは、
  相手が男性だったら
  Dear Mr. Congressman Joe Wilson,
  相手が女性だったら
  Dear Ms. Congressman Sheila Jackson Lee,
 こんな感じでお願いします。

 Prefixは「Mr.」「Mrs.」「Ms.」のいずれかを入れて下さい。
 Address、City は適当に入れて下さい。
 Emailはご自分のアドレスを入れて下さい。

 Subject(題名)が必須の場合はメニューから適当に選んで下さい。
 手入力が必要な際は「COMFORT WOMEN」など適当に。

 文章はできればご自分で考えて下さい。
 英語が苦手な方は翻訳サイトをご利用下さい。
 http://www.excite.co.jp/world/english/
 どうしても独自の文章が書けないという方は、下の方に「腰抜け外務省」さんが作って下さった英文のテンプレを貼っておきますので、参考になさって下さい。

 ●ちなみに何度もこのアドレスが出てきますが、
  http://www.house.gov/writerep/
  これは米下院のHPです。

  もしここから直に目当ての議員のメールフォームを探す場合は、
  トップページhttp://www.house.gov/Welcome.shtmlの一番上の
  「Representatives' Web sites(A-Z by last name)」メニューから
  議員の名前を選びGO。

  例)Ben Chandler議員の場合は
  「Chandler, Ben, Kentucky, 6th」を選びGO。


◆ホンダ議員向けだった英文及び和訳を、米下院議員全般に向けたものに差し替え
※※※「腰抜け外務省」さん作成の英文見本※※※


Dear Mr. Congressman XXXXX XXXX,(送り先の議員(Mr.=男性の場合)の名前)


(自己紹介などご自由に入れて下さい)


Please forgive us to send you this long e-mail to you suddenly. However, international credibility of Japan and United States of America is questioned by a Resolution going to be brought in to your congress by Representative Michael M. Honda (CA ・15).

Now we, citizens of Japan who share the same universal values were shocked to receive the news that you are going to bring in the “Resolution Calls on Japan to Accept Responsibility for Wartime Comfort Women” to your congress. This is because the accusations against Japanese Government provided in the Resolution are based on “anti-Japanese propaganda” and are absolutely groundless.

The facts “In the 1930s, as Japan expanded to Asia and Pacific islands, and the government forced young women to be sexual slaves, which the world sees as “Comfort Women””, “more than 200,000 women were enslaved” as written in the Resolution do not exist. After 1990s, there were a hot discussion on this subject in Japan, it became a diplomatic issue with South Korea, and the Government had surveyed the past official documents exhaustively, while private scholars advanced their own studies. As a result, the fact that “Japanese Government had kidnapped the comfort women” was not at all confirmed.

Though there were no documents available, “discourse by Yohei Kono, Chief of Cabinet Secretary” was based on the political judgment that there was enforceability “as a result of comprehensive estimation”. Nobuo Ishihara, who was then Deputy Chief of Cabinet Secretary, had admitted that the process to reach that estimation as follows:

There was no evidence of kidnapping. We tried to find someone who could testify who actually kidnapped the comfort women, but we couldn’t anyhow.
Decisive factor was the testimony by 16 former comfort women in Seoul right before we presented the discourse. We admitted the enforceability, though there were no convincing evidence and testimony, in response to the strong requests from South Korea, urging us to admit it at all costs for their honor.

If government liability by Japanese government was the assumption of this discourse, we requested for evidence based on strict investigation on facts. It was admitted with good conscience out of regard for Japan-South Korea relationships. I know there are debates on conclusion that we admitted on kidnapping only by testimonies from the former comfort women. I don’t have excuses as I decided so.

(“Compensation on Secret Treaty Diplomacy”, Yoshiko Sakurai, Bungei Shunju April, 1998) [3, P. 58]

Hearings from the former comfort women was revealed to be nondisclosure and without proof, however, with the results from these investigation,“kidnapping was admitted though there were no convincing evidence and testimonies” “under strong requests from South Korea”.

The part that says “constituted authorities had occasionally been engaged directly in the events where these women were gathered against their will …” in so called “discourse by Chief of Cabinet Secretary, Yohei Kono”, presented by Japanese Government in 1993, were the war crime acts by several soldiers who were away in Indonesia and Java. Without permission from the military headquarter, they forced Dutch female captive to work as a prostitute for one month without her consent. Allies tried 5 soldiers and 4 civilians as war criminals, and they were capitally punished or imprisoned.

Discourse admitted the expression of regret and moral responsibilities toward many women who were compelled to work in the sex trade with Japanese soldiers at the battlefield under imperialism when national self-determination and dignity were not recognized, and had received anguish.

Japanese Government recognized the “regret and will not ever repeat” that Japan had caused suffering toward Korean people under Japanese colonial rule of Korea, and had expressed the “apology and reflection” for people who suffered as comfort women. And there are no changes in this feeling.

While Kim Jong-il terrorists regime in North Korea is actively expanding the political propaganda in the UN which appeals “Japanese Government had kidnapped 200,000 Korean women as sex slaves before war”, in trying to evade their responsibility for kidnapping civilians, the fact that your congress is going to submit the resolution which shares almost the same fact-acknowledgement with political propaganda by North Korea was a big shock, and it, as a result, pleased the terrorists who tried to weaken the bond of US-Japan alliance.

Also we would like to point out the fact that now illegal sex services are provided by many of young Korean ladies in Japan who illegally came into our country by their own will. Unfortunately, we have to tell you that when we Google the key word of “Korea” and “Sex service” in Japanese language, we have 1,410,000 hits in Japanese internet society. South Korean news paper also said in Apr. 2001 that South Korea had 260,000 ladies who were in charge of prostitution services and its market size was 25~26BUS$.

These figures are clearly showing the fact that, in South Korea, they have clear and present human rights issues to be solved now at this moment in their own society. Also we have to doubt the allegation that Japanese government and army enforced Korean ladies to become comfort woman in the middle of the Pacific war when our country was facing crisis as nation state.

For your information, in General HQ of Korean defense forces, still now, they have kind of comfort service premises.

Also when you bring in this resolution to your congress, please examine existence of clear evidence of involvement and enforceability of Japanese government and army, not only verbal evidence from ex-comfort woman. Otherwise we have to consider that your resolution is just groundless. As we stated previously, we never deny the fact that comfort services were provided to soldiers of Japan. But in our understanding, we could not find out any clear evidence of involvement of Japanese government and army on this issue, according to aforesaid joint study made by Japanese and Korean government. Current study and investigation shows that comfort services were provided by private business basis, the same as it is now in Japan and other countries.

In addition, please indicate us your legal basis for imposing Japanese government the obligation of Apologizing, Refuting and Educating on this issue. We are not sure why we have to be obliged to your resolution reach a decision at US congress. Please note that Japan is independent country and under governance of Japanese people.

Lastly, please draw your attention on the fact that in Japan we have heavy involvement of Chinese government, South Korean government and North Korean government on this issue by their own political interest. Please do understand that United States of America, Country of freedom, is now becoming a main battle field of Anti Japanese propaganda for Red China and North Korea, to hide their on going utterly inhuman activities. That means this is very political issue in North East Asia, not simply an issue for human rights. If you believe that US has commitment for international issues in North East Asia, please pay more attention on complexity and sensitiveness of political situation in this region where you have your critical national interest and best allied nation.

Please, to strengthen the ties of US-Japan alliance, and to strengthen the coalition between citizens who believe in world freedom and democracy, please do take procedures to refer to the results of investigation and studies on Japan for example by officially interviewing the Japanese Government and authorities.


Truly yours,


XXXX XXXXX-Tokyo Japan
(自分の名前と地名)


◆※※※「腰抜け外務省」さん作成の英文の和訳※※※

突然このような長文をお送りすることをご容赦ください。しかしながら、いま日本とアメリカ合衆国の国際的な信用がマイク・ホンダ氏によって提出されようとしている決議案により危険に晒されようとしております。

この度、あなた方が「慰安婦問題で日本政府を非難する決議案」を下院議会に提出するという知らせに接し、貴国の同盟国であり、同じ普遍的価値観を信奉する日本政府と国民は強い衝撃を受けています。なぜなら、決議案に示された日本政府への非難は、全く事実無根の「反日宣伝」に基づくものだからです。

決議案にある「日本政府が1930年代から第二次大戦まで、アジアと太平洋諸島を植民地支配した期間、世界が『慰安婦』として知るようになる若い女性を性奴隷とした」「20万人以上が奴隷とされた」という事実は存在しません。90年代以降、この点については日本国内で激しい論争がおき、韓国との間でも外交問題となり、政府も過去の公文書などを網羅的に調査しましたし、民間の学者らの調査研究も進みました。その結果、「日本政府が慰安婦を強制連行した」という事実は全く確認されていません。

資料はなかったが、「総合的に判断した結果」、強制性があったという政治的な判断がいわゆる「河野官房長官談話」の根底にあります。この判断の過程について、当時、内閣官房副長官だった石原信雄氏は、次のように明らかにしている。

 強制連行の証拠は見あたらなかった。
 元慰安婦を強制的に連れてきたという人の証言を得ようと探したが
 それもどうしてもなかった。
 結局談話発表の直前にソウルで行った元慰安婦十六名の証言が
 決め手になった。
 彼女達の名誉のために、これを是非とも認めて欲しいという
 韓国側の強い要請に応えて、納得で きる証拠、証言はなかったが
 強制性を認めた。

 もしもこれが日本政府による国家賠償の前提としての話だったら、
 通常の裁判同様、厳密な事実関係の調査に基づいた証拠を求める。
 これは両国関係に配慮して善意で認めたものである。
 元慰安婦の証言だけで強制性を認めるという結論にもっていったこと
 への議論のあることは知っているし批判は覚悟している。
 決断したのだから弁解はしない。

(櫻井よしこ「密約外交の代償」「文塾春秋」平成9年4月)[3,p58]

元慰安婦からの聞き取り調査は、非公開、かつ裏付けもとられていないと明かされているが、そうした調査の結果、「韓国側の強い要請」のもとで「納得できる証拠、証言はなかったが強制性を認めた」ものであります。

1993年に日本政府が発表した、いわゆる「河野官房長官談話」における、「本人たちの意志に反して集められた事例…(に)官憲等が直接これに加担したこともあった」とされている部分は、インドネシア・ジャワ島での出先の数人の軍人らによる戦争犯罪行為です。彼らは軍本部の許可なく、約1カ月オランダ人捕虜女性を同意なく売春婦として働かせ、連合国により軍人5人、民間人4人が戦争犯罪人として裁かれ、死刑、懲役刑などに処されました。

談話は、民族の自決と尊厳を認めない帝国主義時代に多くの女性が戦地での日本軍人を相手とする売春業に従事せざるを得ず、苦痛を受けたことに対して遺憾の意と道義的責任を認めたものです。

日本政府は、日本が朝鮮を植民地支配して朝鮮人に苦しみを与えたことに関して「遺憾であり二度と繰り返さない」と認識し、慰安婦として苦しみを受けた方々への「お詫(わ)びと反省の気持ち」を表明してきました。これにはいささかも変化がありません。

北朝鮮の金正日テロ政権が自分たちの行った民間人拉致の責任から逃れるために、国連などで「戦前日本政府は20万人の朝鮮女性を強制連行して性奴隷とした」という政治宣伝を精力的に展開している中で、貴議会委員会が、北朝鮮の政治宣伝とほぼ同じ事実認識に立つ決議案を提出するという事実は、大きな衝撃であり、日米同盟を弱めようとするテロ勢力を結果として喜ばせるものです。

さらに今現在、違法な売春サービスが自らの意思により、不法にわが国に入国した多くの韓国人女性により日本国内で提供されています。残念ながら私たちが日本語で「韓国」、「風俗」とグーグル上で検索した場合、141万件の検索結果がヒットします。また韓国の新聞も2001年の4月に、韓国には26万人の売春婦がおり、その市場規模は250〜260億ドルと伝えています。

これらの数字は韓国が彼らの社会に、直ちに解決されねばならない人権上の問題が存在していることを示しています。そしてまたこの事実は日本政府と軍隊が、太平洋戦争という国家としての存亡の危機の最中に、強制的に韓国人女性を慰安婦にしたという主張を疑わせるものです。さらには韓国軍の総司令部には現在も一種の慰安サービスを目的とした設備が存在します。

また、議会への提案の際には日本政府と旧日本軍の本件への関与を示す明確な証拠を、元慰安婦の証言だけでなく明示願います。さもなければ私たちはあなた方の決議案は根拠のないものとみなさざるを得ません。私たちは慰安サービスが旧日本軍に提供されていたという事実を否定するものではありません。しかし私たちの理解によれば、日本政府および旧日本軍の本件への明確な関与を示す証拠は存在しないものと理解しています。最近の研究と調査は慰安サービスは、現在もそうであるように、民間のビジネスとして提供されたことを示しています。

さらに、あなた方が日本政府に対し謝罪と、この問題に関する論破、そして教育の義務を課する法的根拠を示してください。私たちは米国議会で議決された決議案になぜ日本政府が従う必要があるのか理解に苦しみます。日本国は独立国家であり、日本国民の主権の下にあることをお忘れにならないでください。

最後に、この問題については日本国内において中国政府、韓国政府、そして北朝鮮政府の大規模な介入が、彼らの政治的な利益に基づいて行われているという事実を認識してください。すなわち、この問題は単に人道上の問題ではなく、北東アジアにおける極めて政治的な課題であります。もしあなた方が国際政治について米国が責任を有するとお考えになるのであれば、あなた方が重要な国益と最高の同盟国を有する北東
アジアの複雑で繊細な政治状況について理解を頂きますようお願いいたします。

どうか、日米同盟の絆(きずな)を強め、世界の自由と民主主義を信奉する国民の連携を強化するため、貴議会におかれましては、日本の政府と専門家から公式に事情聴取をするなど日本における調査、研究の成果を参照する手続きをぜひ取っていただきたいと考えます。

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK30掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。