★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK30 > 150.html
 ★阿修羅♪
再生報告 子どもが振回される:信毎web[やらせ教育基本法の涯に]
http://www.asyura2.com/07/senkyo30/msg/150.html
投稿者 戦争とはこういう物 日時 2007 年 1 月 25 日 12:23:16: N0qgFY7SzZrIQ
 

(回答先: 再生会議 現場巻込んだ議論を[中国新聞社説] 投稿者 戦争とはこういう物 日時 2007 年 1 月 25 日 12:05:42)

 「やらせ教育基本法」絡みとも言える混乱を鎮静化する筈の「再生会議」。緊急で集められた問題の一つは、現場教師が実質一人しかいないことだった。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(引用ここから)
信濃毎日新聞[信毎web]|社説=教育再生報告 子ども
が振り回される

 http://www.shinmai.co.jp/news/20070125/KT070124ETI090004000022.htm

1月25日(木)

 ゆとり教育を見直し、授業時間を一割増やす。教育委員
会や学校を外部から評価し、教員免許を更新制にする。
 こうした「改革」で教育が抱えている問題を本当に解決
できるのか。教育再生会議が安倍晋三首相に提出した第一
次報告に、そんな疑問がわいてくる。
 あれもこれもと多くの提言を盛り込んで、場当たり的な
印象だ。ゆとり教育の十分な検証がないままの急な改革で
は、学校や子どもはいっそう混乱する
 ゆとり教育の見直しや、教育委員会の抜本改革は年末に
まとめた骨子にはなかったが、首相官邸サイドの要望で復
活した経緯がある。さまざまな新提案は、参院選を意識し
た政権の目玉づくりにも見える。
 報告は七つの提言と四つの緊急対応からなる。ゆとり教
育については授業時間を増やし学習指導要領の改訂を提言
。学校週5日制の見直しや、補習のための土曜スクールの
開設も盛り込んだ。
 いじめ問題への対応は、出席停止制度の活用や「体罰」
の範囲の見直しをうたっている。教員の質の向上には免許
更新制に加えて、教員免許の国家試験化を今後の検討課題
として打ち出した。
 時間をかけた検討が必要な課題ばかりだ。時間数の増加
は、1970年代半ばから続いてきた授業時間削減の流れ
を転換することになる。完全学校週5日制も2002年度
に始まったところだ。
 ゆとり教育で大丈夫か、という疑問が広がっているのは
事実だ。家庭の経済力が学力を左右する、といった教育格
差も問われている。
 再生会議の提言は、こうした「親の不安」を背景に、学
校や教員を競わせ、国の管理を強めようとしているように
見える。その方向で改革を進めると、いまでさえ余裕のな
い学校に新たな緊張を生むだろう。拙速な制度改革は慎む
べきだ。
 提言は「規範」を教えることも強調した。道徳の時間の
充実や奉仕活動の必修化も含まれている。改正教育基本法
に盛り込まれた「公共心」や、安倍首相の「志ある国民を
育て、品格ある国家をつくること」という教育目的に通じ
る。国のために役立つ大人を育てる方向では、教育の質の
向上につながらない。
 論議に欠けている重要な観点がある。国内総生産(GD
P)に対する教育費の公的支出の割合が先進国で最低レベ
ルという実態をどうするかだ。日本は私費負担の割合が高
い。
 人やお金の問題を脇に置いて、現場に負担を押しつけて
も、教育の立て直しはできない。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(引用ここまで)

 教育の基本を「やらせミーティング」で書き替えた責任を「給料削減」で解決した人物に、「人やお金の問題」解決を期待できるのだろうか。

☆関連:『やらせ教育基本法』で学校現場の内戦が始まる!? 戦争とはこういう物
http://www.asyura2.com/07/dispute25/msg/109.html

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK30掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。