★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK36 > 415.html
 ★阿修羅♪
言いたい! 次々発足、有識者会議って(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/07/senkyo36/msg/415.html
投稿者 天木ファン 日時 2007 年 6 月 11 日 23:07:13: 2nLReFHhGZ7P6
 

(回答先: 米艦防護容認が大勢 集団的自衛権解釈変更を(東京新聞) 投稿者 天木ファン 日時 2007 年 6 月 11 日 23:01:21)

http://www.mainichi-msn.co.jp/tokusyu/wide/news/20070611dde012010002000c.html

 安倍政権で次々発足した有識者会議。教育再生会議が「子育てに『親学』が必要」とぶち上げ、安全保障に関する懇談会では、憲法解釈の見直しを検討し始めた。でも、有識者会議の役割って何?【遠藤拓】

 ◇首相の取り巻きパーティーだ−−斎藤貴男さん(フリージャーナリスト)

 有識者会議は言うなれば、権力者のサロンか首相の取り巻きのパーティー。社会的に成功しただけで専門性もない人が、個人的経験だけで物を言う。これで国の在り方を決められては困る。ただの放談を答申にするだけなら、税金の無駄遣いだけで済まされる。ところが、それで安倍晋三首相の思い付きにお墨付きを与え、法律ができあがる。いったい独裁とどこが違うのか。

 世の中の在り方をがらりと変え、世論が真っ二つに割れる話が、どんどん会議にかけられる。集団的自衛権について話し合う「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」なんて、メンバーはほぼ全員、安倍首相と同じ考え方。そんな恣意(しい)的会合が尊重されるなら、もう選挙をする意味なんてないでしょう。

 安倍首相が実現しようとしているのは、構造改革路線がさらに進み、世界への権益を拡大する一方で、国内の階層差が拡大する格差社会だ。生産性の高いところに人やカネを投入するという企業経営の発想を、雇用や教育の分野にまで当てはめようとする。そのために利用されているのが有識者会議なんです。

 安倍首相は日本を私物と思っているように見える。最悪の世襲権力者。日本を自分の好みに染め上げたいんでしょう。

 それぞれの有識者会議に共通するのは、安倍首相の身勝手さです。たとえば「『美しい国づくり』企画会議」。具体的な政策を考えるよりも、むしろ彼の価値観に国民を誘導しようとしている。

 「イノベーション25戦略会議」では、2025年に日本が目指す社会像の一例を、「監視カメラで人々の人相、しぐさ、顔かたち、音声などを解析して指名手配犯らの所在を確認する」とした。住民基本台帳ネットワークの問題もまだ議論があるのに、監視社会強化の流れを既定路線にしようとする。勝ち組がどれだけ潤うかということだけで、技術革新を格差解消に使う発想がない。それどころか、勝ち組に対する負け組の反発さえ許さないシステムを張り巡らせてしまうつもりらしい。

 ずるいのは、会議の数が多過ぎて、誰もチェックしきれないということ。一般の人々だけでなく、マスコミも含めてです。有識者会議やそれに類するものは、安倍政権下で70以上も活動している。インターネットで議事録を公開したって、いちいち全部は見ていられない。目くらましです。

 数ある会議の名前は「戦略会議」や「企画会議」などと、末尾を適当にいじって作っているようだ。子供じみた発想です。「賢人会議」なんていうのもあるけれど、あの人たちが「賢人」だなんて、誰が認めたのか。

 マスコミは有識者会議の記事で、法的根拠の説明なんか省いて、「政府の○○会議」「首相の私的諮問機関」などと表現しているが、それはおかしい。読者はまるで、有識者会議には国会以上の権威があって、その答申には従わなければならない、との印象を植え付けられてしまう。これでは安倍首相に都合よく使われているだけ。批判的視点からの検証が必要です。

 ◇出ている答え、追認するだけ−−吉武輝子さん(作家)

 有識者会議といっても、法律に設置の根拠がある審議会と、いわゆる私的諮問機関とは分けて考えるべきです。政府・与党べったりの審議会もどうかと思うが、私的諮問機関は明らかに国民が何らかの負託をしたわけでない。なのに、安倍さんは両者をわざとごっちゃにしている。私的諮問機関の話し合いは密室での井戸端会議に過ぎません。それをさも「国民の意見を聞いた」言い訳に使うのは、どう考えてもおかしいでしょう。

 中曽根政権のブレーン政治が今の有識者会議の走り。そのころはまだ、国民もだまされなかった。ところが今や、国民がすっかりならされた。こうしたやり方への警戒心や怒りが欠けているようでとても怖いです。

 安倍さんは有識者会議を徹底的に利用して、自分のやろうとしていることを正当化しています。ねらいは「日本を戦争のできる国にする」こと。戦後の日米関係を軍事的に強化した祖父にあこがれての「岸信介ごっこ」です。大統領の権限が強いアメリカをまねた「ホワイトハウスごっこ」とも言えます。

 子供じみているけれども、テーマの設定はとても巧みです。親子や家族、個人の在り方をとやかく言う教育再生会議などはいわば外堀。国にとって国民を都合のよい、従わせやすい存在にしようとしています。本丸は、自民党が作った新憲法草案を国会で通すこと。安全保障の会議はその地ならしです。

 何だか戦前を見ているようです。安倍さんは戦争ができる国造りに何が必要か、よく分かっている。為政者の方が歴史に学んでいるということです。私たちが生活に追われる間に物事が決まる、その怖さをもっと意識しなければなりません。

 有識者たちは安倍さんの意のままに、もう答えの出ていることを追認するだけです。抗する人はそもそも招かない。まるで大政翼賛会の再現です。先の衆院選で、マスコミが「刺客」という言葉をおもしろおかしく使いましたが、異なる意見を封殺する言葉を選挙の場で使うのはおかしい。むしろこうした有識者こそ、私たちにとっての刺客ではないでしょうか。

 有識者の面々はみな喜々としています。やがては勲章につながるから。この格差社会で、彼らは明らかに勝ち組集団。負け組の声をくみ取るはずがありません。本当に懐の浅い、私利私欲にまみれた無定見者です。

 有識者会議の本質がもっとも露骨に出たのは教育再生会議でしょう。「母乳による育児」だの「親子でテレビではなく演劇鑑賞を」だの、有識者たちが勝手なことを言いたい放題。平気で家庭の中に土足で踏み込んできました。おごれる者のやり過ぎでしょう。でも、憲法を次世代に無傷で引き継ぎたい私たちからすれば、会議の本質がはっきりし、かえって護憲の一分を通しやすくなった。

 戦争のできる国造りをしたいことを安倍さんが隠しているのは、明らかにわざとでしょう。有権者が異議を唱えられるのは選挙しかありません。いまや年金問題に埋もれそうな、参院選の真の争点を知るべきです。

==============

 ◇安倍政権の主な有識者会議と開催根拠◇

※50音順

アジア・ゲートウェイ戦略会議      (総理大臣決裁)

安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会(総理大臣決裁)

イノベーション25戦略会議       (担当大臣決裁)

「美しい国づくり」企画会議       (総理大臣決裁)

教育再生会議              (閣議決定)

国家安全保障に関する官邸機能強化会議  (総理大臣決裁)

新健康フロンティア戦略賢人会議     (官房長官決裁)

成長力底上げ戦略推進円卓会議      (官房長官決裁)

==============

 ■人物略歴

 ◇さいとう・たかお

 1958年東京都生まれ。英国バーミンガム大大学院修了。日本工業新聞、週刊文春で記者、プレジデント編集部を経て現職。近著は「ルポ 改憲潮流」(岩波書店)。

==============

 ■人物略歴

 ◇よしたけ・てるこ

 1931年兵庫県生まれ。61年、東映宣伝部で日本で初めての女性宣伝プロデューサーに。近著は「おんなたちの運動史−わたくしの生きた戦後」(ミネルヴァ書房)。

毎日新聞 2007年6月11日 東京夕刊

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK36掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。