★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK37 > 129.html
 ★阿修羅♪
与党 参議院選挙の公約決定(NHKニュース)
http://www.asyura2.com/07/senkyo37/msg/129.html
投稿者 天木ファン 日時 2007 年 6 月 27 日 11:21:04: 2nLReFHhGZ7P6
 

(回答先: <参院選>自公が「与党重点政策」公表 トップに年金問題(マ毎日新聞) 投稿者 天木ファン 日時 2007 年 6 月 26 日 22:59:03)

 自民・公明両党は、公的年金の加入記録問題で徹底した対応をとることや、憲法改正について平成22年以降の国会を視野に入れ、国民的な議論を深めていくことを盛り込んだ、参議院選挙の与党としての公約を発表しました。しかし、憲法改正に向けた自公両党の姿勢の温度差が浮き彫りとなっています。

 それによりますと、公的年金の加入記録をめぐる問題については、「政府・与党が責任を持って、徹底した対応策を実施し、本来受け取ることができる年金額を最後の1人まで全額受給できるようにする」としています。
 さらに「平成23年にも、いつでも自分の情報を知ることができるカードシステムの導入など、新たな『年金記録管理システム』の構築を目指す」としています。

 焦点となっていた憲法改正については、「平成22年以降の国会を視野に入れ、次期国会で衆・参両院に設置される『憲法審査会』の議論を深め、同時に憲法に関する幅広い国民的な議論を深めていく」と明記しています。
 自民党の中川政務調査会長は記者会見で、「自民党は党の公約で『3年後の国会で憲法改正案の発議を目指す』としているが、公明党も公約で『3年後をめどに、今の憲法に足りない部分を補強する『加憲』の具体案をまとめることを目指す』としている。両党の間に違いはない」と述べました。

 これに対し、公明党の斉藤政務調査会長は「公明党としては、3年後に必ず憲法改正案を作るとは言えない。議論した結果、今の憲法に加える項目はないという結論になるかもしれない」と述べ、憲法改正に向けた両党の姿勢の温度差が浮き彫りとなっています。

6月27日 7時19分

http://www3.nhk.or.jp/news/2007/06/27/k20070627000001.html
http://www3.nhk.or.jp/news/2007/06/27/d20070627000001.html

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK37掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。