★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK39 > 226.html
 ★阿修羅♪
原発震災:中越沖地震の衝撃/下 大事故のリスク明示を(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/226.html
投稿者 天木ファン 日時 2007 年 7 月 23 日 11:26:22: 2nLReFHhGZ7P6
 

(回答先: 原発震災:中越沖地震の衝撃/中 「20キロ断層」指摘を放置(毎日新聞) 投稿者 天木ファン 日時 2007 年 7 月 23 日 11:23:33)

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20070723ddm001040037000c.html

 「なぜ、原発の近くばかりで地震が起きるのか。疫病神でもいるのではないか」

 新潟県中越沖地震で東京電力柏崎刈羽原発が被災した16日、経済産業省原子力安全・保安院の幹部は頭を抱えた。国や電力会社は「原発はおよそ現実的ではない揺れまで想定している」と説明してきたが、想定外の地震が相次ぐためだ。国は、昨年9月に改定した原発の耐震指針に基づき、各社が進めている原発の耐震性チェックについて、早期の完了を求めた。

   ■   ■

 東海地震の想定震源域の真上にある中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市、1〜5号機)は既に、3、4号機のチェック報告書を国へ提出している。想定する最大の揺れを600ガルから800ガル(ガルは加速度の単位)に引き上げ、これに耐えられるとの内容だ。

 しかし、神戸大の石橋克彦教授(地震学)は「浜岡の場合は東海地震が必ず起こるのだから、800ガルでは低すぎて話にならない。もっとずっと強い揺れを想定すべきだ」と指摘する。

 実際、報告書によると、800ガル以上の揺れに襲われる確率は「1000〜1万年に1回」程度。旧指針に基づき、業界団体の日本電気協会が定めた耐震設計の指針ですら、より大きな「1万〜10万年に1回の地震」を想定しており、新指針によるチェックでも過小評価の恐れは残る。

   ■   ■

 新指針に適合していれば、「原発震災」は起きないのか。

 実は、新指針自身が、想定外の地震で大事故が発生し、大量の放射能漏れで死者が出る可能性があることを認めている。そのうえで、こうしたリスクを可能な限り小さくする努力を求めた。

 しかし、新指針では、リスク評価の実施を義務化しなかった。地震PSA(確率論的安全評価)という方法があるが、「不確かさが残る」との判断からだ。原子力安全・保安院の佐藤均審議官は「PSA導入には法体系全体の見直しも必要で現実的ではない。強制ではないが、試行は促している」と話す。

 一方、国際的には、原発の安全性を確率論的に評価する方法の導入が進んでいる。国も原発が目指すべき安全目標について、「大事故で死者を出す危険性を年100万分の1以下に抑える」との方向で検討中だ。03年原子力安全白書は数字の意味を考える参考として、「交通事故で死亡する危険性は年1万分の1」とのデータを示した。

 地震PSAの専門家、日本原子力研究開発機構安全研究センターの村松健・研究主席(原子力工学)は「いかなる揺れでも壊れない機器は作れない。PSAを使えば、おおむね安全と言えるかどうかは分かる。想定外の地震が続いているのだから、PSAでリスクを評価し、住民に受け入れてもらうしかないのではないか」と指摘する。

 新指針の検討に加わった大竹政和・東北大名誉教授(地震学)も「リスク評価を義務化すべきだ」と語る。

 世界有数の地震国・日本。大地震による原発事故のリスクをゼロにはできない中、どの程度なら許容できるのか。中越沖地震は、電気を使う一人一人に重い問いを投げかけている。

   ×   ×

 この連載は足立旬子、中村牧生、西川拓、須田桃子が担当しました。

毎日新聞 2007年7月23日 東京朝刊

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK39掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。