★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK39 > 543.html
 ★阿修羅♪
追跡 闇の監視部隊 反響/驚き怒りたたかう決意 (6)(しんぶん赤旗)
http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/543.html
投稿者 熊野孤道 日時 2007 年 7 月 27 日 00:55:45: Lif1sDmyA6Ww.
 

(回答先: 追跡 闇の監視部隊 対象勢力/卑劣な目、抗議集会にも (1)(しんぶん赤旗) 投稿者 熊野孤道 日時 2007 年 7 月 26 日 19:10:39)

http://www.jcp.or.jp/tokusyu-07/19-jieitai/akahata/index.php?pg=06

追跡 闇の監視部隊

反響/驚き怒りたたかう決意

(6)


--------------------------------------------------------------------------------

 「ひどい。許せない!! 恐ろしい! 気持ち悪い」。日本共産党が陸上自衛隊情報保全隊の内部文書を公表(六日)した翌日、怒りを示す顔文字を交えたメールが届きました。

 差出人は弁護士を目指して法科大学院で学ぶ女性(25)=東京都=。「あれが率直な気持ちです。もっともっとみんな怒らなくちゃダメです」と語ります。

 女性は、久間章生防衛相の「(情報収集は)悪いとは思わない」「国民はみな情報収集の対象」という発言にショックを受けました。「憲法や法律の基本を無視して、平然と飛び越えている。これを許してしまったら、何のために法律を学んでいるのかわからなくなる」

委縮しない

 これまでイラク戦争に反対する集会などに参加してきたという女性は、「言いたいことを言えるのが、あたりまえの社会。今回のことで委縮してしまうのは悔しい。これから友だちにも、この問題を話していく」といいます。

 内部文書の公表後、日本共産党や本紙にはたくさんの反響が寄せられています。その多くは、国民のあらゆる運動を調査し、思想や信条まで掌握しようという情報保全隊の活動を知っての驚きと怒りを表明するものです。

 ○…二十六歳♀アルバイターをしている者です。帰ってきてパソコンを開くとYahoo(ヤフー)のトップニュースで共産党の告発記者会見のことが載っていて、とても衝撃的でした。九条を大事に思って平和が良いという人を縛っていったら、本当に戦前の日本のようになってしまうと思う。

 ○…現在米国在住で日本の選挙権はありませんが、応援の声をと思いメールしました。自衛隊の行為は全くの越権であり、「プライバシーを守る」という民主主義の根源を揺るがすことでもあります。

 ○…自衛隊のこの活動に戦慄(せんりつ)しました。「国民の軍隊」ではないわけですね。共産党を好きではないけど、今回の告発は支持します。(男性)

 ○…記事を読みました。本当に信じられない内容で全身で憤りを感じています。(二十歳、女子学生)

我慢は限界

 冒頭の弁護士を目指す女性のように、自らの問題として考え、民主主義の社会を守るためにたたかおうと決意する人、たたかいを呼びかける人もいます。

 ○…私はクリスチャンです。個人情報保護をうたいながら一方で国民のプライバシーを侵害し、思想信条および信教の自由を脅かすともいえる政府の態度を深く憂えます。自分にできることをこつこつやっていきます。

 ○…自分たちの権利を守るために何をしなければならないのか、しっかり考えなければならない。

 ○…監視するのは本来国民で、監視されなければならないのが自衛隊のはず。もう我慢限界。

 ○…リストに載っていた団体に所属しております。このたびのこと、市民として声をあげます。ぜひ国会でも追及してください。(埼玉県在住)

 (つづく)

「しんぶん赤旗」2007年6月27日付

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK39掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。