★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK39 > 546.html
 ★阿修羅♪
追跡 闇の監視部隊 潜入・尾行/私服・一般車の自衛官 (3)(しんぶん赤旗)
http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/546.html
投稿者 熊野孤道 日時 2007 年 7 月 27 日 01:02:48: Lif1sDmyA6Ww.
 

(回答先: 追跡 闇の監視部隊 対象勢力/卑劣な目、抗議集会にも (1)(しんぶん赤旗) 投稿者 熊野孤道 日時 2007 年 7 月 26 日 19:10:39)

http://www.jcp.or.jp/tokusyu-07/19-jieitai/akahata/index.php?pg=03

追跡 闇の監視部隊

潜入・尾行/私服・一般車の自衛官

(3)


--------------------------------------------------------------------------------

 キャンドルを手に、平和を求める市民のパレード。隣にいるのが、自衛隊員だとしたら…。

 情報保全隊の活動を知るX氏の証言は続きます。「かれらは、私服で勤務することを許されている。使用する車のナンバーも車種も、自衛隊では例外的に一般と変わらないもの。外から見ても自衛隊員とはわからない」

長髪色白の

 身分を隠し、民間人を装って情報収集活動を行っているのです。

 「参加者や通行人にまぎれて集会やデモに入りこむ。参加者の名前、発言内容を記録して、撮影もする」(X氏)

 元陸上自衛隊員の体験談にもこんな記述があります。「(駐屯地に)時々、髪の毛の長い、色ジロの隊員が出入りする…知る人ぞ知る調査隊(現情報保全隊)のメンバー。ウワサでは、髪の長いのは、学生集会などに潜り込むためという」(『逃げたいやめたい自衛隊』根津進司著)

 内部文書「イラク自衛隊派遣に対する国内勢力の反対動向」には、屋内で行われた集会、講演会の記載もあります。

 同文書によると「イラクレポート」と題した講演会が二〇〇四年二月十五日、北海道名寄市内の市民会館で開かれました。参加者は五十人。北海道新聞など四紙が報道しましたが、内部文書の講演者の発言に該当する部分は、各紙とも掲載していません。

 どのようにして発言内容を把握したのか。

 「情報を得るためには手段を選ばない。潜入だって辞さない」と語るのは、情報収集活動を身近に見ていた陸自元幹部です。「情報収集の対象となるのは屋外の場だけではない。屋内の集会であろうと大胆に潜り込む」といいます。

 実名で記載された男性(57)=沖縄県=の場合、非公開の集まりでの発言まで記録されていました。

 〇四年一月二十八日、沖縄中部地区労の議長だった男性は、同地区労の「旗開き」であいさつしました。「旗開きは仲間たちを呼び、一年間がんばろうと誓い合う場です。外部に公開したわけではありません」

 会場の中頭教育会館(沖縄市)は教職員組合の所有で、公共施設ではありません。外部の人が、自由に出入りすることはほとんどないといいます。招待したのは、労組関係者や友好団体の人たちだけでした。

 男性は「自衛隊員が入りこんでいたのか、それとも誰かを送りこんだのか…。情報保全隊の活動は、民主主義の社会では許されないこと。『ものを言えばどこでも聞いてるぞ』と脅されているようだ」と話します。

前身組織も

 前身の調査隊は、さまざまな団体にスパイを送りこんでいたといいます。「『八〇年代の初めまで、陸自調査隊は左翼系の活動団体に潜入し、情報活動を続けていた』。元防衛庁幹部はうち明ける」(「読売」〇四年六月十日付)。

 X氏はいいます。「尾行も手段の一つです。集会やデモに潜り込んだ情報保全隊の隊員は、集会終了後は駅まで参加者を尾行する。必要があれば自宅までつける」

 (つづく)

「しんぶん赤旗」2007年6月23日付

 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK39掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。