★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK43 > 345.html
 ★阿修羅♪
海自給油:使途の完全特定は困難 米国防総省が説明(毎日新聞)
http://www.asyura2.com/07/senkyo43/msg/345.html
投稿者 天木ファン 日時 2007 年 10 月 19 日 12:47:50: 2nLReFHhGZ7P6
 

http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20071019k0000m030155000c.html

 【ワシントン及川正也】米国防総省は18日、インド洋での海上自衛隊からの補給燃料について、すべての米艦艇がアフガニスタンでの「不朽の自由作戦」(OEF)支援のためだったとし、イラク戦争への燃料転用疑惑を否定する声明を発表した。ただ、艦艇が「複数の任務」を受けることもあり、任務ごとの追跡調査は「困難」と指摘した。補給燃料の使途を完全に特定できなかったことで、給油活動継続のための「新テロ対策特別措置法案」の審議にも影響を与えそうだ。

 声明では「日本から給油されたすべての米艦艇はOEF支援のために補給を受けたことを確認した」と転用を否定。米政府は、OEF以外には使用しないとする日米間の合意に「忠実に従っていると確信している」と述べた。

 一方、使途の特定が困難な理由として(1)補給燃料は個別のタンクに貯蔵されず、他からの燃料と混合される(2)給油を受けた艦艇が別の艦艇に補給することが一般的に行われる(3)同一艦艇が複数の任務に従事することがある−−などを挙げた。

■米国防総省声明の要旨は次の通り。

 一、米政府は、日本から給油されたすべての米艦艇は「不朽の自由作戦」(OEF)支援のために補給を受けたことを日本政府に確認する。

 一、供給された燃料を、任務ごとに追跡することは困難だ。

 一、供給された燃料は個別のタンクに分けて貯蔵されておらず、すべての燃料の一部となっている。

 一、燃料が補給艦に給油され、そこから他の艦艇に供給された場合、追跡はより困難になる。

 一、艦艇は複数の任務に参加していることもある。

 一、米政府はOEFに従事する艦艇だけに燃料が供給されるという日本政府との合意に忠実に従っていると確信する。

 一、海自の給油活動は日本が設定したOEF支援活動区域内で実施された。

 【ワシントン及川正也】

毎日新聞 2007年10月19日 1時39分 (最終更新時間 10月19日 12時39分)


  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 政治・選挙・NHK43掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。