★阿修羅♪ > 戦争97 > 809.html
 ★阿修羅♪
【9・11】ドイツ銀行ビルで発見された人骨破片に関する資料:有志の方の有効利用を求む
http://www.asyura2.com/07/war97/msg/809.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2007 年 11 月 08 日 08:32:15: SO0fHq1bYvRzo
 

【9・11】ドイツ銀行ビルで発見された人骨破片に関する資料:有志の方の有効利用を求む


これは、WTC第2ビルの南側にあったドイツ銀行ビル(バンカーズトラスト・ビル)から、9・11犠牲者のものとみられる人骨の破片が2002年と2006年に大量に発見された件に関する資料です。

どうか、有志の方は、これらの資料とご自分で探した資料に基づいて、この痛ましい出来事の真相を追究してみてください。

(1)2002年の「発見」に関する報道

Wikipedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Deutsche_Bank_Building#_note-renewnyc
Deutsche Bank Building

によると、2002年に、130 Liberty StreetにあるDeutsche Bank Building(Bankers Trustビル)内部から「ミイラ化した(?)911犠牲者の遺骸」が発見されたとあります。ただしこの情報がどこから引用されたのかは分かりません。

このBankers Trust Buildingですが、WTCタワーとの位置関係は次の地図をご覧ください。WTC2(南タワー)からLiberty Streetを超えて南におおよそ90〜100mほど行ったところにあります。下の地図をご覧ください。
http://killtown.911review.org/images/wtc-gallery/nist1d/1-1_wtc-map.jpg

このビルは次の写真でも分かるとおり北側ファサードに大変な被害を受けました。
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/5587.jpg
http://www.asyura2.com/bigdata/up1/source/5562.jpg

次のニューヨーク・タイムズの記事(2002年6月)によると、「骨の小片と歯のついたあごの骨、ハイジャックされた乗客の荷物のracks(かけら?)」などが発見されたそうです。「ビル内部で」とは書かれていませんが、このビルは上の写真からでも分かるように、20階以上のところからずたずたにされていますし、「捜索は有害物質を巻き上げて空気を汚染するかもしれない」と書かれていますので、ボロボロにされた室内から捜索を始めたことでしょう。

【New York Times】
http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=990DE6DA123DF93BA35755C0A9649C8B63&n=Top/Reference/Times%20Topics/Subjects/D/Deutsche%20Bank%20Building%20-%20130%20Liberty%20Street%20(NYC)
Victims' Remains Found Near Ground Zero  June 8, 2002
http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9C0CE5DA133CF936A25755C0A9649C8B63&n=Top/Reference/Times%20Topics/Subjects/D/Deutsche%20Bank%20Building%20-%20130%20Liberty%20Street%20(NYC)
City and Bank Agree on Plan To Sift Through 9/11 Debris  June 15, 2002

【CNN News】
http://archives.cnn.com/2002/US/06/15/deutsche.building/index.html?related
Crews seek remains at Ground Zero building June 15, 2002


(2)2006年の「発見」に関する報道

また2006年3月になって、本格的な解体作業にかかる準備中に、ビル屋上に置いてあったバラス(小石)の間や屋上の隙間などから再び人骨片と見られる物体が大量に発見されました。(どうしてビルの屋上にバラスが必要なのかよくわかりません。知っている人がおられたら教えてください。)

ビル解体業者が発見した人骨の小片については様々な資料があります。次のサイトで見ることができるビデオ(CBSニュース)では、砂利を手で少しずつ掻き分けて砂状のものの中から人骨片を探す作業員の姿が見られます。それがどのような状態で見つかったものなのかまでは分かりませんが、おそらく1cmにも満たないものなのでしょう。そして未だに遺骸の特定されていない犠牲者の家族の嘆きが紹介されます。
【Wcbstv.com】
http://wcbstv.com/topstories/9.11.Deutsche.2.234652.html
More Remains Found Atop Deutsche Bank Building  Apr 21, 2006
(人骨収集作業のビデオ・写真入)

【New York Times】
http://www.nytimes.com/2006/03/29/nyregion/29remains.html?n=Top/Reference/Times%20Topics/Subjects/S/Sept.%2011,%202001
Bone Fragments Found on Roof  March 29
http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=990CE5DC1530F93AA15750C0A9609C8B63
Bone Fragments Are Found on Roof  March 29, 2006
http://www.nytimes.com/2006/08/26/nyregion/26deutsche.html?n=Top/Reference/Times%20Topics/Subjects/S/Sept.%2011,%202001
Expert Supports Search Methods for 9/11 Remains at Bank Building  August 26, 2006

また解体を請け負った土地開発業者the Lower Manhattan Development CorporationのHPに非常に興味深い資料があるのですが、その全文(英語)をこの投稿の最後に貼り付けておきます。


まだ以上の資料全部を詳細に検討してみたわけではありませんし、またそれぞれの骨片がどのような状態であったのか、その後それぞれの人物が特定できたのかどうか、などの情報には出くわしていません。

慎重に調べてみますが、こういった情報をご存知の方はお教えください。


(3)第2ビルの「崩壊」とドイツ銀行ビルについての映像資料

次のビデオは南(南西)側上空から撮影されたものです。「崩壊」する第2ビルから直接にドイツ銀行ビル屋上にまでものが飛んできているようには見えません。
http://www.youtube.com/watch?v=Gud2ay4I9Mw
9/11: History Channel South Tower closeup(同上、拡大、通常速度)

次のビデオは、いくつかのTV中継映像を集めたものです。これでこのビル周辺で発生した「粉塵の雲」の様子を見てみます。
http://www.youtube.com/watch?v=sczTcrRp1bY
WTC 2 Collapse as it happened

このビデオで、第1の場面は南(南西)側上空からの撮影ですが、下についている時計で28秒ほどの時に「崩壊」が開始し、この「崩壊」(少なくとも周囲のフロアー部分)自体はおよそ41秒の時点までで終了したと思われます。その後、下に落ちたビル建材が粉々に砕けて巨大な火砕流状の「雲」を作ります。1分6秒(「崩壊」開始から38秒後)ほどの時点ですでにその付近にある「雲」の頂上がドイツ銀行ビルの屋上の高さ(約171m)に達していることが確認できます。

その後はビル屋上付近がしばらく画面から消えるのですが、1分半(「崩壊」開始から62秒後)以前にドイツ銀行ビル(バンカーズトラスト・ビル)が完全に「雲」に包まれてしまったことが分かります。この時点で、「雲」全体で最も高い部分は200mをはるかに超えているようです。

第2の場面は北(北東)側上空遠方からの中継ですが、「崩壊」開始が2分7秒で、2分30秒(「崩壊」開始から23秒後)には南東側にある「雲」の頂上が第7ビルの高さ(186m)ほどに上っていることが分かります。さらにこの頂上は2分40秒(「崩壊」開始から33秒後)で画面右端に見える世界金融センター第3ビル(アメリカン・エキスプレス・ビル)の高さ(225m)をしのぐほどになります。この方角(第2ビルの上層階が倒れた方向)にある「雲」の激しい成長具合をご覧ください。なお、左側奥の方に見える背の高いビルはドイツ銀行ビルの東側にあるOne Liberty Plazaビルで、高さは226mです。したがって、ドイツ銀行ビル付近での「雲」の高さは200mかそれ未満のように思われます。

南(南西)側路上から撮影された第3の場面は4分23秒ほどから始まりますが、4分32秒ほどで崩壊が開始します。途中から第1の場面と同じカメラからの映像に切り替わり、5分15秒にはドイツ銀行ビルの屋上に「雲」が覆いかぶさり始めるように見えます。しかしこれは「雲」の頂上とビルの屋上の位置関係による錯覚かもしれません。

第4の場面以後、いくつかのTV局の中継を映すのですが、直接にドイツ銀行ビルが「雲」に覆われるときの様子を示しているものはありません。

こうして見ると、もしドイツ銀行ビルの屋上に人骨の小片を大量に運んだものがあるとすれば、やはり「崩壊」後に発生した「雲」以外には無いと思われます。しかも第2ビル80階より上の上層階にあった物体(鉄骨をのぞく)が作った「雲」はやはりそれが傾いていった南東側で盛り上がったはずで、それよりも下の階の物体が作った「雲」の中に、例の人骨片が含まれていたのでしょう。

このあたりを覆った「雲」は、上のビデオの後に上空に舞い上がったおそらくミクロン単位の微粒子を除けば、およそ200mまでの高さだったと思われます。しかも南東側に比べてかなりゆっくりした速度で上昇しました。その「雲」を形作った気流(平均して秒速で5〜6mか)で平均0.06ミリと言われる微粒子とともに運ばれてきたとすれば、やはり相当に細かく砕かれていたはずです。


(4)何が人骨を砕いたのか?

しかし、何が一体、人間の骨をそこまで細かく砕くことができたのか?

飛行機衝突のショックと爆破・炎上なのか?
ビルが「上からの圧力で崩壊」するときに発生する力なのか?
それとも強力な爆破のエネルギーなのか?

そしてそれらを171m上まで運び上げた「雲」を作ったエネルギーは?

癒されぬ遺族の悲しみを考える場合、10万トンの鉄骨を吹き飛ばしあるいはバラバラに切り離し、9万トンものコンクリートと共に人間の体を骨まで粉砕した、そのエネルギーがどこから発生したのか・・・、さらにはあの「微粒子の雲」をあそこまで大きく持ち上げたエネルギーはどこから発生したものなのか・・・。平然と嘘をつくヤツラを許してはおけませんね。

もうしばらく慎重に調べてみますが、他の有力な情報をご存知の方はお教えください。また、人間(動物)の骨があのコンクリートの粉塵の雲と共に舞い上がるほどの小片に砕かれるためにはどれくらいの力が必要であるのか、強力な爆破以外の可能性としてならどのような原因が考えられるのか、知識をお持ちの方はお知らせください。


(5)解体請け負い業者からの資料

最後に、the Lower Manhattan Development CorporationのHPにあるQ&Aの中から、2006年に新たに発見された人骨の破片に関する質問と回答を全文コピペして貼り付けておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://www.renewnyc.com/plan_des_dev/130liberty/faq_130liberty_findings.asp

Frequently Asked Questions

130 Liberty Street and Findings of Potential Human Remains

The Lower Manhattan Development Corporation is committed to taking down the Deutsche Bank Building in a manner that is protective of the health and safety of everyone who lives and works in the area. Furthermore, we are committed to finding as many potential human remains and items of personal property as possible, and to ensuring that any findings of this type are treated with the utmost dignity, care and respect.

Our search process has been successful in identifying even the smallest remains -- often a centimeter or less in size. The city’s Chief Medical Examiner is confident that the process established with the LMDC will ensure that remains are found and handled in a way that is respectful and sensitive to the needs of the families.

●When did LMDC acquire the former Deutsche Bank Building at 130 Liberty Street?
●Were there any searches for remains prior to the LMDC taking ownership?
●When did LMDC crews first find human remains?
●Were there any searches for remains between August 31, 2005, and the start of preliminary abatement and scaffolding work in September, 2005?
●Why are LMDC crews finding remains if there had been inspections of the building prior to the LMDC taking ownership?
●Where have the remains been found?
●What did LMDC work crews do once remains were found in September of 2005?
●Why have more remains been found recently?
●What happens with potential human remains or items of property that are found at 130 Liberty Street?
●Who handles notification of the finding of remains or property?

Q: When did LMDC acquire the former Deutsche Bank Building at 130 Liberty Street?
A: After negotiations between Deutsche Bank and their insurers failed to generate an appropriate plan to deconstruct the building and redevelop the site, the LMDC stepped in to acquire the property on August 31, 2004. The purpose for our acquisition of 130 Liberty Street is to expand the World Trade Center Site in order to implement the World Trade Center Memorial and Redevelopment Plan. Prior to the LMDC taking ownership, the damaged and contaminated building had languished for several years in litigation, without an appropriate deconstruction plan.

Q: Were there any searches for remains prior to the LMDC taking ownership?
A: It is our understanding that crews from the FDNY and other City agencies had previously, on more than one occasion, searched the building for remains.

Q: When did LMDC crews first find human remains?
A: LMDC contract workers first discovered potential human remains in September of 2005, during preliminary abatement and scaffolding work.

Q: Were there any searches for remains between August 31, 2005, and the start of preliminary abatement and scaffolding work in September, 2005?
A: No. The LMDC could not authorize crews to search the building or thoroughly search through contaminated material prior to regulatory approval of the deconstruction plan, which took approximately one year to formulate. After final approval of the deconstruction plan was received from the EPA and other regulators on September 7, 2005, crews immediately began working in the building and soon after made the first discovery of remains.

Q: Why are LMDC crews finding remains if there had been inspections of the building prior to the LMDC taking ownership?
A: In order to safely deconstruct 130 Liberty Street, the building must first be abated. Abatement is the process of thoroughly cleaning and removing contaminated materials. It is because of this very thorough process required by the deconstruction plan that remains and other materials not evident during previous searches have been found.

Q: Where have the remains been found?
A: Remains have largely been found in a layer of stone on the roof known as the ballast, and in other areas that would have been exposed to falling debris from the South Tower of the World Trade Center.

Q: What did LMDC work crews do once remains were found in September of 2005?
A: LMDC work crews immediately stopped work in the area where remains were found, and contacted the Office of the Chief Medical Examiner (OCME) who then dispatched a forensic anthropologist to the site.
The LMDC and the OCME jointly established protocols for the handling of potential human remains, which all workers at the site are required to read and sign. These protocols include immediately stopping work in a given area, contacting the Office of the Chief Medical Examiner and the New York City Police Department’s Chief Property Clerk.
(Click here for complete list of protocols.)
http://www.renewnyc.com/content/pdfs/130liberty/protocol-1.pdf

Q: Why have more remains been found recently?
A: More remains have been found recently because the searches have been so thorough.
After an increase in the finding of potential human remains during the thorough cleaning of the stone that comprises the roof ballast, the LMDC implemented an even more thorough search plan for the roof, which was derived through meetings and discussions with family members of 9/11 victims, contractors working on site, the FDNY and the OCME.
In early April, the LMDC implemented this new search plan, which included OCME and FDNY personnel, an anthropologist from LMDC’s environmental consulting firm, and retired firefighters joining in the search. The painstaking work of searching every inch of roof ballast is taking place with crews on their hands and knees going through the stone. This has yielded a greater number of findings in recent weeks.
As a result of the LMDC implemented search techniques, the protocols for finding of potential human remains have been updated to reflect the on site OCME and FDNY personnel and the LMDC hired archeologist. All on-site personnel participating in the examination and work associated with ballast removal from the roof are required to review and follow these protocols.
Complete updated protocols, click here.
http://www.renewnyc.com/content/pdfs/130liberty/protocol-2.pdf

Q: What happens with potential human remains or items of property that are found at 130 Liberty Street?
A: Anything that resembles potential human remains is immediately turned over the OCME for testing to first determine if they are in fact human. The OCME then undertakes DNA testing for potential identification. All potential property is turned over to the New York City Property Clerk.

Q: Who handles notification of the finding of remains or property?
A: The LMDC defers to the Office of the Chief Medical Examiner in regards to notification of the finding of remains, and to the office of the NYPD Property Clerk in regards to notification of the finding of property.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



  拍手はせず、拍手一覧を見る

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 戦争97掲示板

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。